【WordPress】Master Post Adverdの設定変更で403エラーが発生した場合の対処方法

WordPressの「続きを読む」の下にGoogleアドセンスなどの広告を挿入できる便利なプラグイン「Master Post Adverd」

プラグインを導入して設定を行ったところ、「403エラー」が発生して設定を行えなかったので、対処方法を紹介します。

↑こちらの広告を表示させるためのプラグインですね。このプラグインのおかげで、記事ごとにアドセンスのコードをコピーして貼り付ける手間を削減できています。

403エラーの要因はサーバーのWAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)

使用しているサーバーのWAFが要因となって、設定の変更ができなくなっているようです。

当ブログは、ファーストサーバのzenlogic上で運用していますが、zenlogicに限らず、他のホスティングサービスなどでも発生するようです。



zenlogicでWAFを停止する手順

WAFの停止は、 サーバーのコントロールパネルから行います。
zenlogicwaf1

ブラウザからサーバーコントロールパネルにログインして、機能一覧の中の「WAF(Webアプリケーションファイアウォール)」をクリックします。

zenlogicwaf2

「off」を選択して、「保存」をクリックします。設定が変更されるまで、しばらく待ちましょう。

zenlogicwaf3

設定が変更されました。ファーストサーバのコントロールパネルは、設定の変更から適用まで、少し時間がかかります。

Master Post Adverdが設定可能に

masterpost

プラグインの設定を行うことができるようになりました。

このプラグインの設定項目はシンプルで、

  • Advert area alignment : 広告の右寄せ、左寄せ、中央寄せを設定
  • Advert area title : 「スポンサードリンク」などの文言を記述
  • Advert code : Googleアドセンスのコードを貼り付け

これだけの設定で、「続きを読む」リンクをクリックした後の画面で、「more」タグ位置に広告が挿入されます。これは非常に便利!

設定を行った後は、WAFの設定を再度onに戻しておきましょう。

参考:Googleアドセンスの「スポンサードリンク」ラベルについて

余談ですが、「スポンサードリンク」のラベルが必要なのかどうか、調べてみました。

サイトの製作者によって、「スポンサードリンク」「スポンサーリンク」「AD」など様々です。Googleによって指定されているのは「スポンサーリンク」または「広告」だそうです。

こちらのサイトを参考にしました。↓
スポンサードリンクは違反?アドセンスのラベルは正しく表示させることが必要

ラベルを表示させる目的として、「表示が広告であることを、読者に明確に伝える」必要があるとのことでした。記事中にクリックを誘導する形で埋め込むのはNGということですね。(「ここをクリック!」など)

当ブログも、記事中のアドセンス広告にはラベル表記していますが、サイドバーについては広告であることが明らかなため、ラベルを表記していません。特にGoogleから連絡が来たことはないです。

Googleアドセンスも、最初は貼るだけで成果が上がるように思っていましたが、なかなか難しいですね。有効な配置方法をもっと研究できたらと思います。

それでは、よいWordPressライフをお送りください^^

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA