Macのデータを復旧!EaseUS Data Recovery Wizard for Macを試してみて【レビュー】

easeus

今回、ご縁がありEaseUS社のMac用データリカバリーソフト「Data Recovery Wizard for Mac」をレビューさせていただくことになりました。

もちろん最新版のmacOS Sierraに対応!

ソフトウェアのバージョンは10.12、macOSのバージョンはSierra(10.12.4)を使用して早速レビューしたいと思います。

Mac用のデータリカバリーソフト

easeus2

画像をクリックすると製品サイトへ

こちらのソフトは、消してしまった/消えてしまったMacのデータを復旧させることができます。

使い方はいたってシンプル。復元したいファイルの種類を選択して、ファイルが保存されていた場所(または全体)を選択してスキャン実行。

スキャンで見つかったファイルを選択して、復旧の操作を行うだけ。

easeus19

外付けHDDやUSBメモリにも対応

復旧対象はMacのローカルドライブだけでなく、接続された外付けHDDやUSBメモリ、メモリーカードなどの多様なデバイスに対応します。

なお、無料版の「Free」と有料版がありますが、今回は有料版のレビューとなります。

Data Recovery Wizard for Macを使うには

とりあえず使ってみたい!という方は、「無料版」、および有料版の「体験版」をダウンロードすることができます。

ダウンロードは以下のページから。

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 10.12

easeus3

EaseUS 製品ダウンロードサイト

無料版、体験版共に、ディスクイメージをダウンロードしてきたらいつも通りアプリケーションフォルダにドラッグ&ドロップします。

easeus4

アプリケーションフォルダにドラッグ&ドロップ

これだけで利用準備OKです。Dockにアイコンが出てこない場合は、アプリケーションフォルダを開いてアイコンをダブルクリックしましょう。

easeus5

ライセンスキーを登録

有料版のライセンスキーがすでにある場合は、使用開始時にライセンスキーの登録を行います。

言語が英語になっていたため、日本語に設定しました。上部の「Language」項目より設定できます。

easeus6

上部に設定できる項目があります

これで使用準備はOKです!

消えてしまったMacのデータを復旧するには?

操作はいたって簡単。

まずは対象ディスクをスキャン

アプリケーションのアイコンをクリックして立ち上げます。

easeus7

アプリケーションのアイコンをクリック

メインウィンドウが開きます。

easeus8

メインウィンドウ

復旧したいファイルの種類を選びます。

初期値では、全てにチェックが入っているため、復旧が不要なファイルの種類はチェックは外しておくとスキャン時間が短縮されます。

easeus9

チェックが入っている種類のファイルが復旧の対象となる

easeus10

MacintoshHDを選択!

FusionDriveを使っている場合、HDDとSSD部分が表示されます。

Macintosh HDを選択すると、Macの中身全体をスキャンすることができます。

easeus11

クイックスキャン完了後の画面

クイックスキャン後に希望のデータが復旧されていない場合は、「ディープスキャン」を選択することでさらに詳細なスキャンを行うことができます。

ディープスキャンにかかる時間はHDDの容量によって変わってきますが、1TBで約1時間ほどかかりました。

ezseus12

ディープスキャン後の画面。結果はエクスポートできる

ディープスキャンを行なった後の画面です。ディープスキャンには時間がかかるため、「エクスポート」から結果をエクスポートすることで、次回からディープスキャンを省略してデータ復旧の作業を行うことができます。

スキャン後のデータを利用して復旧を行う場合は?

easeus20

スキャンデータは.rsf形式で保存される

メイン画面から「インポート」をクリックすることで、保存したデータを選択することができます。

.rsf形式のデータを選択することで、前回のスキャン完了後の画面から対象データを選択できるようになります。

データ復旧

easeus13

復旧させるファイルを選択してリカバリー実行

かなり以前に削除したファイルも出てきました!ディープスキャン後は、復旧させるファイルを選択します。

ファイルの選択は、実際のフォルダの階層から選ぶことができるのと、ファイルの種類からも選択が可能です。

自分が復旧させたいファイルがあれば、チェックボックスにチェックを入れて「リカバリー」をクリックするだけです。

データの復旧先は?

easeus14

復旧先は別ドライブを推奨

「リカバリー」をクリックすると、どこに復旧させたファイルを保存するか聞いてきます(元々あった場所にそのまま復元されるわけではありません。)

復旧先を選択する場合、「削除したファイルがあるドライブとは別のドライブ」へデータを復旧させることが推奨されます。

easeus15

復旧先は別ドライブへ

同一のドライブにデータを復旧させた場合、対処のドライブのデータが書き換わることになるため、今後同一のドライブからの復旧がより困難になるためです。

私の場合、Macにパーティションを設定していなく、外部ディスクも持っていなかったため同一ドライブに復旧させましたが、復旧は成功しました。

このような形で復旧される

easeus16

フォルダ構成もそのままに復旧される

リカバリーしたファイルは、指定したフォルダへ復旧されます。

こちらのソフトのすごいところは、フォルダの構成を保ったまま復旧されることです。

そのままフォルダに入っていくと、ゴミ箱から削除したファイルもきちんと復旧されていました。コピーや移動をして、ファイルを利用するだけです。

お疲れ様でした!

Data Recovery Wizard for Macレビュー

Data Recovery Wizard for Macは、スキャンや復旧に時間はかかりますが、消失してしまったデータを復旧させるには最適です!

操作も視覚的に行うことができるため、通常のデータリカバリーソフトよりは使い勝手がいいと思います。

注意点としては、リカバリーソフト全般に言えることですが、「データを削除してしまったらできるだけ早く復旧を行う」ことです。

パソコンのデータを削除した場合、画面上から見えなくなるだけで、データはバラバラの状態でディスク上に残っています。データ復旧ソフトはそれらをつなぎ合わせてくれる役目を担っていますが、ディスクに対してデータの書き込みや削除の操作が加わると、残っている断片的なデータは消えてしまいます。

以上の理由から、削除後にできるだけ早く復旧作業を行うことと、別ディスクへの復旧を行うことが推奨されています。

ちなみに、データ復旧後は、復旧に成功したことをTwitterやFacebook上へシェアすることができます。

うっかりデータを消去してしまった場合は、無料版を利用してデータの復旧を試みてみるのも良いかもしれません。UIも非常にわかりやすく簡単に操作できます。

無料版の「Free」と有料の「Pro」についての違いは後述します。

データが正常に復旧できない場合こうなる

easeus17

jpgファイル復旧失敗

スキャンできた上で復旧させても、時にはファイルの状態が正しく復旧されず、このような状態になってしまうこともあります。

それは仕方ないので、やはり早めの復旧を心がけましょう。

無料版との違い

easeus18

無料版で復旧可能なデータは2GBまで

無料版と製品版の違いは、サポートの有無と復旧可能な容量が2GBまでであることです。

復旧させたい対象データが2GB以下であれば、Freeでも十分ということになります。

また、「無料体験」のリンクからダウンロードできる体験版は、「スキャンはできるが復旧はできない」といった違いがあります。

無料版や体験版で、まず対象のデータをスキャンできるか確認しておいて、復旧できそうであれば製品版を購入するのが良いと思います。

「Technician」や「With Bootable Media」については体験ができないためレビューはできないのですが、ブータブルメディアからシステムを起動できる機能は便利ですね。

サポートについて

製品についてのサポートはチャットサポート(英語)、およびメールサポート(日本語対応)に対応しています。

技術サポートは製品版を購入の場合、永久無料で受けられます。ライセンス継続などの必要はなく、一度購入すればずっとサポートが受けられるのはありがたいですね。

海外メーカーであるため、日本語サポートを希望の場合は、メールに【日本語対応希望】との記載が必要なようです。

お問い合わせ -EaseUS

まとめ:大切なデータの消失には十分備えよう

HDD

Macユーザーであれば、TimeMachineやiCloudを利用することで削除してしまったデータを復旧させることができます。

しかし、それらの備えがない場合は、削除してしまったデータを復旧できないことがほとんどです。

ローカルにしかないデータを削除してしまった場合は、Data Recovery Wizard for Macを使用すると消失してしまったファイルを復旧できるチャンスがあります。

確実に復旧するためにも、削除してからできるだけ早いタイミングでの復旧を試みましょう!

こちらのソフトは、データを復元した際もファイル名、フォルダ構成などが削除前の状態で復旧されるため、非常に使いやすいです。

消えてしまったデータをどうにか復旧させたい方は、無料版でも良いので復旧が可能かどうか試してみるのが良いと思います!

それでは、よいMacライフをお送りください^^

製品サイトへはこちらから

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 10.12

Sponsored Link



easeus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA