シンプルに日本酒を楽しむには升がオススメ!

もっきり飲み

こんばんは!ついに1ヶ月の断酒を達成したので先日解禁しました。

断酒1ヶ月まであと3日!【身体への効果は?】

前回も少し触れましたが、昨年末ごろから日本酒にハマり始めて、色々と模索しているところです。

今回は、私が一番好きな日本酒の飲み方”もっきり”飲みについて紹介します。

“もっきり”って?

もっきり飲み

グラスになみなみ注いで升にこぼす

このように、升の中にグラスを入れてグラスの中に日本酒をなみなみ注ぎ、溢れさせた酒を升にこぼすスタイルです。「注ぎこぼし」とも言うようです。

元々は、お店の人の「少しでもたくさん飲んでほしい」との気持ちの表れから、このようなスタイルで提供していたことが始まりとのこと。

ちなみに「もっきり」という名前は、「盛り切り」が由来だそうです。

チェーン系の居酒屋では、冷酒を頼んでも徳利とお猪口、もしくは300mlの瓶のままで提供されることが多いですが、少し凝った居酒屋や日本酒バーではこのスタイルで提供されることが多いです。

もっきりの飲み方

masusake3

元々日本酒に馴染みがなかったので、同席した人が冷酒を頼んでこのスタイルで出てきたときに「どうやって飲むんだろう?」「なぜ升が?」と不思議でたまりませんでした。

もっきりの正しい飲み方は“好きなように飲む”ことです。特に決まった作法はありません。

ここでは、私が普段飲んでる飲み方を紹介します。

① テーブルに置いたままで口をつけて飲む

もっきりで提供されたら、升とグラスをテーブルの飲みやすい位置に移動させます。

そしてテーブルに置いたまま、グラスに口をつけてグラスの中の酒を飲みます。女性の場合は、髪がつかないように押さえながら飲む必要がありますね。

少々行儀が悪いようにも見えますが、“粋”な飲み方だと思っています。

置いている酒に口をつけるのに抵抗がある場合は、升ごと持ち上げるとグラスの酒が溢れても升が受け止めてくれます。

② 升をコースター代わりにしてグラスの酒を飲む

ここからは人によって結構スタイルが違ってくるところです。

グラスを升から取り出して、グラスの酒を飲んで、飲み終わったら升に戻します。

このとき、テーブルに直接グラスを置いてしまうとグラスの底が汚れて升に戻せなくなるため注意が必要です。

「テーブルに置いておいたのでいい」という方は、おしぼりなどでグラスの底を拭ってテーブルに置くと良いです。

③ 升の酒をグラスに入れて飲む

グラスの酒を飲み終わったら、升の酒をそのままグラスに移します。

これで升の役目は完了です。あとは普通にグラスで飲むだけです。

升から直接飲むのももちろんありです!好きなように飲みましょう。日本酒バーに何人かで行くと、みんなそれぞれ飲み方が違うので面白いです。

もっきり飲みにオススメの升

masusake4

サイズが色々ありますが、一合升(180ml)を買っておけば間違いないです。

今使っている升は東急ハンズで購入しました。

masusake5

ヒノキの一合升。価格は600円ほど

Amazonでも安く購入することができます。

ヒノキの升使用時の注意点

長時間液体を入れていると水漏れする

こちらは商品の注意書きに書かれていました。あくまで計量用途のため、長時間液体を入れていると漏れてくるとのことです。

しかし、酒を飲んでる1〜2時間で、漏れてきたことはありません。

(2017/2/19追記)2時間ほど使ってると酒が漏れてきました。長時間まったり楽しむ場合は、漆塗りの升を使った方がよいです。

木でできているから仕方ないといえば仕方ないです。この升は米の軽量用にしようかな…

取り扱いによっては接着剤が劣化する

つなぎ目には接着剤が使われているため、あまり洗剤で洗ったり、湿ったままにしておくと良くなさそうですね。

ヒノキには殺菌作用があるため、特に洗剤で洗う必要はないようです。

使用後はしっかりと乾燥させましょう。

木の香りが酒に移る

これが良いか悪いかは、捉え方次第です。木の香りとともに酒を楽しみたいか、酒の味と香りを純粋に楽しみたいかによって変わってきます。

まだ新品だからかもしれませんが、思った以上に飲んでる時も木の香りがきます。そして升に入っている酒には香りが移ります。

純粋に酒の香りを楽しみたい方は、漆塗りの升を使った方が良いかもしれません。

グラスについて

masusake6

100均で購入した日本酒用のグラス

グラスは100ml前後のものがオススメです。あまり大きいグラスで注ぎこぼしすると、升に到達するまでにベロベロに酔ってしまいます(笑)

今使っているグラスは、100均で購入した日本酒用のグラスです。

グラスの底は、ある程度面積があるものの方が升ごと持ち上げた時に安定感があってよいです。

基本的には、ショットグラスでもなんでもいいと思います!好みに合わせて選びましょう。

酒盃 天開100 100ml×6個セット P-01145

まとめ:日本酒は好きなスタイルで!

断酒明け一発目の一人飲みは、上善如水と鯵の刺身で

日本酒の飲み方にルールはありません。好きなように楽しみましょう!

家飲みで燗酒はやらないですが、寒い時にお店で熱燗を飲むのもまた良いです。

日本酒に出会って、またお酒の楽しみの幅が広がったような気がします。

私が考える日本酒のメリット

  • 油っぽいものとはあまり合わないので、つまみが健康的なメニューになる
  • 悪酔いしにくい
  • アルコール度数の割に味はしっかりしているため、グイグイ飲みすぎる心配が少ない

元々、”太りやすい”部類と言われる醸造酒ですが、ビールやハイボールと違って油っぽい食事に合わないのでダイエット目的であればオススメです。

肴は焼き魚・刺身・かまぼこ・豆腐・漬物のようになりがちですね。それがまた良いです。

今後は、酒レビューの記事も増やしていければと思ってます!

それでは、よいシンプルライフをお送りください^^

Sponsored Link



もっきり飲み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA