Adobe PhotoshopCCを使用開始!

フォトショップ初心者のデザイン

先日お伝えした通り、今後の学習のためにAdobeCreativeCloud Photoshopの利用を開始した。

今回はお試しからのフォトショップ フォトプランの利用開始と、今後の学習方法について紹介したいと思う。

申し込みはAdobeサイトから

過去にお試しをしていてフォトショップがPCにインストールされている状態であれば契約はすぐできる。

Adobeのサイトの購入ページから

Creative Cloudで新たな体験を

photoshopentry1

今回はフォトプランを申し込み

フォトプランの「購入する」を選択

photoshopentry3

AdobeIDに登録しているメールアドレスを入力する

AdobeIDのメールアドレスを入力。

photoshopentry3

クレジットカード払いの場合は、カード情報を入力

クレジットカード払いの場合は、カード情報を入力。

「注文する」をクリックすれば購入は完了。お試しの環境がある場合は、photoshopのダウンロードは必要なくそのまま利用できる。

photoshopentry4

PhotoshopCC 2017

あとはLightroomをインストールするかどうかのダイアログが出てくるため、必要に応じてインストールを行うだけ。

photoshopentry5

必要に応じてLightroomのインストールを行う

これで、CreativeCloudフォトプランの利用は可能だ。

PhotoshopCCフォトプランの料金と解約について

フォトプランは月額1,058円で利用可能。しかし、これは一年間の年間契約の月々払いといった扱いになる。

※年間一括払いとした場合も割引はなし

そのため、契約から14日以内の解約であれば全額返還されるが、14日以上経過して解約を行う場合は、残存金額の50%の支払いが必要とのこと。この点は注意!

サブスクリプションの法的利用条件

PhotoshopCCを使ってみた感触

photoshopの利用自体CCが初めてとなるため比較はできないが、すでに業界標準になっていると考えらるため、慣れるまで頑張って使いこなすしかない。

やはりWindowsのペイントやMacのプレビューと比較すると、ツールが多く操作系は複雑な印象。

しかし、これを使いこなせる知識があれば思い描いたグラフィックデザインはほぼ実現可能と考えられる。

当記事から、ブログ内の画像で加工が必要な場合は、Photoshopを利用していくことにする。文字入れや図形の描写など、簡単なことからしっかりマスターしていく必要がある。

Photoshopの教科書

photoshopentry6

Photoshopしっかり入門 -まきのゆみ著

前回も紹介したとおり、今回は書籍を使うことで基礎から勉強していく予定。

わからないことをWeb上で調べていくのはやや効率が悪いため、やりたいこと(文字を入れたい、傾き補正したいなど)を逆引きできるタイプの本を用意した。

この本は本当に初心者がみてもわかりやすいように書かれており、大体の人がPhotoshopでやりたいと考えていることを実現する方法が載っている。

慣れるまではこちらの本を片手に、アイキャッチ画像の制作やブログの画像編集を行いたい。

これからのフォトショップ利用について

今後の転職のためにPhotoshopが使用できるようになるためと、ブログのデザイン向上を目的としてフォトショップを利用している。

以前作成したブログ内の「Photoshop」カテゴリを削除してしまったが、記事を増やしていけそうなので再度作成したいと思う。

今後は作例やTipsなども紹介していきたい。ある程度のところまでマスターできたらIllustratorの方にも手をつけていくつもりだ。

ブログをやっていると、学びの経過や現在の状況を客観視できるため本当にありがたい。

ひと昔前に比べると、だいぶ安い価格で(買い切りではなくなったが)利用できるようになったため、「挑戦してみたい!」と思われる方は是非一緒に頑張っていきたい。

それでは、よいシンプルライフをお送りください^^

ある程度マスターできたらこちらの本も追加予定

Sponsored Link



フォトショップ初心者のデザイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA