ミニマリストにもおすすめな趣味 スケートボード始めました!

skateboard-start-1

あまり運動が得意ではない私ですが、今年2019年の1月からスケートボードを始めました。(若い時にもやってたので、全く初めてというわけではありません)

今回は、ミニマリストの私がスケートボードの楽しみ方と、ミニマリストにもそうでない人にもおすすめする理由を書きたいと思います!

はじめに:スケボー乗って何するの?

スケートボードをやっている人が周りにいない場合、スケボーで何をするのかよくわからないと思います。

スケートボードをたしなむ人の間では、「スケボー」ではなく「スケート」と省略することが一般的ですが、一般的な日本人の感覚では「スケート=アイススケート」のイメージであるため、当記事では「スケボー」の表記に統一しています。

さすがに街中でスケボーを使って長時間遊ぶのは周囲に迷惑がかかるので、「スケートパーク」と言われる専用の場所に出かけて、そこにあるレールやボックス(踏み台のようなもの)を使って技をやって楽しみます。

イメージしやすいように、日本人のトッププロの動画を貼っておきます。


冒頭に出てくるのが、私も通っているスケートパークです。

ちなみに動画に出てくる岡田晋氏は、私が高校生の時からトッププロスケーターとして活躍していて、めちゃくちゃ上手いです。

ミニマリストにスケボーをおすすめする理由

❶ 必要な道具が少ない

skateboard-start-3

再開当初に買った”カリフォルニアストリート”のコンプリートデッキ

これは非常に重要です。

今までロードバイク、スノーボード、バス釣り、バンド活動(ベース)、カメラなどに多くの費用をつぎ込んできたため、いわゆる“道具モノ”の趣味に多くの道具と費用が必要であることは当然と考えています。

ミニマリスト的には、あまりいいとは言えない趣味ばかりですね(笑)

しかしながら、このスケートボードに必要な道具は

スケボーするのに必要な物
  • スケボー本体(デッキ)
  • スケボー用シューズ

だけです。

もっと言えば持ち運ぶためのバッグや専用の服などもあればあるでいいのですが、なくても上記2点あれば楽しめます。

写真は、私がスケボーを再開する時に「カリフォルニアストリート」というショップで購入したスケボーで、15,000円くらいです。(楽天,Amazonで購入可能。店舗は代官山にあります)

靴が必要な物に入っているのは、普通のコンバースオールスターなどでスケボーを練習していると、おそらく早い段階で穴が開いてしまうからです。(摩擦が大きいので)

一般的な物では、VANSのSK8 Hiや、OLD SCHOOLなどが元々スケボー用シューズとして作られている物なので、その辺であれば全然OKです。ABCマートとかで普通に購入できます。

Shin
街中でもよく見かけるシューズですね。スケボーをやってると、靴が変な擦り減り方をするので、普段使いの靴とスケボー用の靴は分けたほうがいいです。

スケボー本体(デッキ)は、だいたい2万円もあれば揃えられます。

厳密に言うと細かいパーツを組み合わせて一つのスケートボードができているのですが、最初は気にする必要はありません。

スポーツショップなどに売ってる3,000円くらいのスケボーは別物なので、とりあえずでも購入するのはおすすめしません。

❷ 常に自分との戦いである

これが私がスケートボードが好きな一番の理由です。

一般的にスケートボードはチームスポーツではありません。(特定の大会等でなければ)点数を競い合ったり、相手を打ち負かすことを目的としていません。

自分自身が挑戦する“技(トリック)をできるかどうか”が最重要事項です。

Shin
もちろん、仲間内で「◯◯ができるかどうか」を競い合う楽しみ方もあるので、そういった楽しみ方も全然アリです!

スケボーは見た目よりも凄く繊細なスポーツです。

ちょっとしたメンタルの揺れや、力加減で“できていたことができなくなる”のも日常茶飯事。

そして、「できないことができるようになる」ためにも、諦めない心と集中力が必要。

ある意味、ヨガなどにも近い精神的な世界があると思っています。

❸「一人で楽しみたい/仲間と楽しみたい」どちらも対応可能

❷でも紹介した通り、スケボーは基本的に一人でやるものです。

それもそれで楽しいのですが、やはり自分ができなかった事をできるようになった時、それを認めてくれる人もいてくれると嬉しいですよね。

スケートパークにある程度通っていると、ある程度顔見知りの人ができてきて、仲良くする機会もできてきます。

自分の成長も、相手の成長も実感できる良い機会になります。

もちろん、リアルでの交流に抵抗があれば、動画を撮ってインスタやTwitterで共有するだけで、色々な世界が広がります。

Shin
スケボーやってる人は、刺青入ってたりB-BOY系のファッションだったり怖そうな人が多いですが、基本いい人が多いです。

❹ お金がかからない

skateboard-start-2

スケボーの”板”の部分。プロと同じブランド物でも1万円くらいです。

ちょっと❶と被ってしまいますが、スケボーは本当にお金がかからないです。

“パーク”と言われる場所も、だいたいは区や市が運営していて、利用料は無料であることが多いです。

利用料がかかるパークもありますが、1時間数百円〜高くても千円程度で全然良識的な価格です。

で、道具の面については、一般人でもお金をかけずに簡単にプロと同じ道具を使えるというところが大きいです。

これがスノーボードやロードバイク、バンド活動となるとそうは行きません。

そもそも、それらのプロには専門の”テクニシャン”が付いていて、一般人はお金だけでは解決できない壁も多数あります。

しかしながら、スケートボードの世界では、(自分が知る限り)プロが使っている物も、一般人がスケートショップやAmazon,楽天などの通販で買えるものを組み合わせて使っているだけです。

Shin
たぶん、全て”イイモノ”を使って構成したとしても、3〜4万円くらいでお釣りが来るんじゃないかな。

というわけで、自分が下手なのを絶対に道具のせいにはできない趣味でもあります。

その辺りが、今の年齢になると本当に面白いですね。

あと、道具の消耗についてある程度靴や板が消耗したら買い替えが必要なんですが、びっくりするほど頻度が高いわけではありません。

❺ 運動不足解消の全身運動である

スケボーは、下半身だけを使うスポーツではありません。

上半身でうまく腰や下半身をリードして、跳んだり、回転したりする必要があります。

そのため、一回パークに行って帰ってくると食事もせずに寝てしまうくらい、結構体力を消耗しています。

測定していないのではっきりとしたことは言えないのですが、30歳を過ぎてお腹周りについてきた脂肪も、だいぶ落ちてきたのではないかと思ってます(笑)

管理人のスケボーレベルは?

最後に、私のスケボーレベルを紹介しないのもフェアじゃないので、簡単にインスタやTwitterの動画から紹介します。

オーリー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sakuo/minimalskaterさん(@minimalistskater)がシェアした投稿


組みコーンをやっと飛んだり、

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sakuo/minimalskaterさん(@minimalistskater)がシェアした投稿


40cmくらいのボックスに上ったり下りたりできる程度。

カーブトリック

低めのカーブでのFS50-50や

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sakuo/minimalskaterさん(@minimalistskater)がシェアした投稿


BSボードスライドができるくらい。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sakuo/minimalskaterさん(@minimalistskater)がシェアした投稿

フリップ

やっとできるようになった…

だいたいこんな感じです。

まだまだ発展途上なんですが、これからも精進します!!

まとめ:興味のある方は是非!

今回は、私の趣味であるスケートボードについて詳細に紹介してきました。

ご興味のある方は、ミニマリストな方もそうでない方もご相談いただければと思います!

現在35歳なんですが、やりたいことはとことん楽しんでやって行きたいです。

Shin
スケボーの練習も習慣化できれば、将来きっといい結果を生むと思っています!これからも頑張ります。

それでは、よいシンプルライフをお送りください^^

Sponsored Link



skateboard-start-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA