【H30】ネットワークスペシャリスト試験申し込み完了!今年こそ合格

2018年7月5日より、秋季情報処理試験の受付が始まりました。

今回は、昨年不合格だったネットワークスペシャリスト試験リベンジのため、意気込みと有効な勉強法について紹介します。

試験のレビュー記事が結構人気になった

昨年、ネスペ受験後に書いたこちらの記事がじわじわとアクセスを伸ばしていて、「ネットワークスペシャリスト」で検索するとGoogle検索の1ページ目には表示されるようになっています。

初めての受験でしたが、予想以上に難しかったネットワークスペシャリスト試験。

同記事のはてブコメントには、このような厳しいコメントも…

nw-specialist-revenge-1

辛辣だなぁ…

ネットワーク実務経験がない場合、かなりの難易度となります。

しかし、今年は昨年とは違う部分がたくさんあり、合格は近いと確信しています。いくつか紹介したいと思います。

昨年との違い

1.ネットワーク実務に就いている

昨年はWebアプリケーションのカスタマーサポートで働きながらの受験。

ネットワークの知識はある程度必要なものの、必要な知識としては、L3レベルのIPアドレスのセグメントに関する部分と、ほとんどはL7のアプリケーション層に関する知識。

ネスぺの場合、L1からL7まで広い知識が必要です。

現在はネットワーク機器の運用業務に就いているため、L1〜L4レベルの知識は昨年とは比べ物にならないくらい深くなりました。その代わり、証明書やVPNについてのL7レベルが薄くなっているので別途対策しないとです。

2.CCNAを取得している

昨年のネスペ受験時、CCNAは取得していませんでした。(理由は高いから)

現在の会社ではCCNAの受験料+インセンティブが出るため、2018年の5月にCCNAを取得しました。

「CCNAってCiscoの機器の扱いに関する試験でしょ?」と思われがちですが、最初にネットワークの基礎についての範囲があるため、ちょっと曖昧だったL1〜L4までの知識についても正確におさらいすることができました。

ネットワーク業界へ転職したい方は、ネスぺよりも先にCCNAを受験することをおすすめします。どちらも転職にはそこそこ役に立つ資格なので、無駄にはならないです。(CCNAは有効期限が3年のため注意が必要)

3.今年はネスペ試験のみに集中できる

昨年の夏〜秋にかけては、結婚の準備、転職活動、サイバー犯罪捜査官の試験と色々重なったため、勉強の時間を捻出するのがなかなか大変な状況にありました。

今年は特に何のイベントもないため試験勉強に注力できそう。

途中経過も随時報告できればと思います。

有効な勉強法について

ネットワークスイッチ類

午前対策に時間はかけない

午前1試験については、応用情報技術者に合格しているため免除です。

昨年、ある程度午前2対策の勉強時間を取ったものの、内容は今までの情報処理試験の午前問題が少しネットワーク寄りの内容になっただけなので、暇な時間にアプリでぽちぽち問題を解く程度でいいかなと思います。

極端な話、午前問題は過去問と問題と選択肢の順番も全く一緒なので、過去問10年分くらいやって問題を覚えていればまず合格します。

午前対策のためのエネルギーは、午後対策の方に割り当てるのがおすすめです。

初受験の方や午前1が免除でない方は、参考書を使ってじっくり学習しましょう。

午後対策はとにかく過去問!

午後試験は午後1、午後2ともに過去と同じ問題は出題されません。(似たような出題はあります。)

「文章を読んで理解する力」と「適切な解答を考え出す力」を身につけるため、過去10年分の過去問を全てやろうと思っています。

特に午後2は午後1を拡張したような問題なので、午後1の色々なパターンの問題をやって、対応力を身に付けたいと思います。

出題パターンも、QoSやVPN、無線LAN、仮想化など多岐にわたるため、広く知識をつけていくことが大切です。

得意分野があれば、得意分野を磨くのみに集中して、わからない問題はバッサリ切り捨てるのもアリですね。

おすすめの参考書

昨年の学習はこの2冊を主に使っていました。

どちらも解説が丁寧で見やすいです。

今年は新しく

こちらの本も発売されていたので、取り入れたいと思っています。

昨年の

nw-specialist-review9

これは…

昨年のこの問題についての解説も載っていたのでじっくり読んで理解できれば自信が持てそうですね。

過去問はIPAサイトから

ネットワークスペシャリストの過去問は、全てIPAのサイトに公開されています。

過去問題(問題冊子・配点割合・解答例・採点講評)

ここから過去問のPDFを閲覧したりダウンロードできるものの、解説がないのが少し気になるところ。

わからなかった問題は、自分で調べて「なぜその正解になるのか?」を考える必要があります。

試験対策期間

前回、試験対策期間を8月中旬〜の2ヶ月間に設定していて全然足りませんでした。

今年は、今(7月中旬)〜の3ヶ月として、余裕を持って受験したいと思います。

上に挙げたとおり、CCNAの取得や転職をしたことなど、昨年よりはかなりのアドバンテージがある状態なので油断せず頑張ります!

まとめ:応援よろしくお願いします!

今回も、試験までの勉強の経過について昨年同様に紹介できればと思います。

今年の秋季試験は2018年10月21日(日)です。基本情報、応用情報、そのほか高度試験の方も共に頑張りましょう!

それでは、よいシンプルライフをお送りください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA