お金の流れを一元管理!キャッシュレス生活はじめました

キャッシュレス生活1

最近ミニマリストの間で話題のキャッシュレス生活に興味があり、私も導入してみることにしました!

運用方法とキャッシュレス生活のメリット・デメリットを紹介します。

キャッシュレス生活とは?

キャッシュレス生活とは、日々の買い物やサービスなどの支払いに現金を使わず、すべてクレジットカードや電子マネーの決済とする生活のことです。

こちらの記事を参考にしました。

「キャッシュレス」というライフスタイル。意外なメリットと、実践するために押さえておきたいポイントは?

さすがに”完全キャッシュレス”とはいかないですが、節約には効果的なのではないか?と考えて導入してみることに。

キャッシュレス生活のメリット

  • 日々の出費を電子的に管理できて家計簿不要
  • 電子マネーであればチャージ金額の上限を定めてその範囲内で生活するようにできる
  • レジでの支払いが早い
  • 各種ポイントが貯まる
  • 自分が選択する支払い方法に対応する店でのみ買い物することで、余分な買い物を減らせる
  • カードを落としたとしても停止できる

このような利点を考えて導入してみることにしました。

都市部では全てが電子決済で済みそうですが、田舎ではまだまだ電子マネーに対応していない店ばかりです。

ある程度、自分が選択する決済方法に対応する店でのみ買い物することで、余分な買い物を減らせることも狙っています。

また、お金をデータとして扱うことで、現金決済時よりもしっかりと計算しながら入出金の管理ができるのではないかと考えています。

キャッシュレス生活のデメリット

  • クレジット決済の場合、利用金額を把握していないと使いすぎることになる
  • 買い物した店が電子決済に対応していなければ結局現金が必要
  • 飲み会の割り勘などでは現金が必要

やっぱり、ある程度の現金は必要です。目安としては、給料日に2万円だけ財布に入れて、次の給料日まではATMでお金を下ろさなくて済むくらいに調整したいと考えています。

具体的なキャッシュレス生活の運用方法

ここでは、具体的に使用する決済手段と運用方法について紹介します。

クレジットカード:楽天カード



クレジットカードは、貯まったポイントを楽天ポイントに還元できる楽天カード1本に絞っています。

現金払いであってもポイント付与に対応している販売店も多く、各種キャンペーンでポイントが貯まりやすいです。

貯まったポイントを日用品の買い物に回すことによって、お得に買い物をすることができます。

カード明細の管理はiPhoneアプリでもできて非常に便利です。

電子マネー:楽天Edy

電子マネーも、上記の楽天カードと同一のカードで運用できる楽天Edyを採用しています。

大抵のコンビニでは使えますが、田舎のスーパーでは未対応店舗も多く、まだまだ発展途上といった感じです。

こちらはあらかじめ現金チャージしておくことで、予算管理と買い物時の支払いをスマートに行うことを目的としています。

都市部に住んで入ればSuicaを利用するのですが、四国では交通機関にSuicaもPASMOも使えません。(地元独自規格の電子マネーはあります)

☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆
「楽天カードでポイント生活はじめよう!」

実際にキャッシュレス生活を運用開始してみて

クレジットカードの端末

実際に開始してみて、慣れてないためかやはりまだまだ現金が必要な場面が多いです。

電子マネーを使おうと思っても未対応だったり、色々とリサーチが必要です。

また、現金生活を続けていると、数百円の細かい金額をクレジット決済することに抵抗があります。細かい金額はできるだけ電子マネーで決済したいです。

個人でやっている雑貨店や飲食店などはまだまだ電子決済に対応していないところがほとんどなので、現金を持っておく必要があります。

なかなか前途多難ですね。

全てをクレジットの後払いとしてしまうと、今までの収入と支出のバランスと合わなくなるため、電子マネーの現金チャージとうまく分散させて使い分けようと思っています。

キャッシュレス生活を始めるにあたってあると便利なもの

今使っている財布とカードケース

wallet8

薄型のため2つ持ち歩いてもかさばらない!

GANZOの二つ折り財布と、グリーンレーベルリラクシングのカードケースです。どちらも4年ほど愛用しています。

これだけでもミニマルではあるのですが、キャッシュレスで行くなら持ち歩くものはもう少しシンプルに済みそうです。

気になっているモノ

abrAsus(アブラサス)小さい小銭入れ

ミニマリストブログでもよく取り上げられるabrAsus(アブラサス)のキーケースみたいな小銭入れです。

キーホルダーとして利用できるので、小銭だけをここに入れて持ち歩くことができます。

非常に効率的なアイテムなので気になっています。

GANZOのマネークリップ

マネークリップは、真ん中のピンでお金を止めるタイプがいいです。こちらは現在使用している財布と同じGANZO(ガンゾ)のもので品質の良さは折り紙付きです。

カードも数枚は収納できるようです。マネークリップ使うのであれば小銭入れとの併用となりそうですね。

なんとか一つにまとまらないものか…

abrAsusの小さい財布は使ったことがある

ブッテーロレザーエディションの茶色を使っていました。ブログを始める前に少しだけ使用していたのですが、レビューを書くことなく終了してしまいました。

不採用となった理由

  • 札が3回折り曲がり、支払い時不恰好
  • 小銭がこぼれ落ちないかヒヤヒヤする構造
  • 意外と角ばった作りで、ズボンの前ポケットに穴が開きそうになった

サイズは名刺入れサイズでコンパクト。カードも結構収納できます。しかしながら上記の理由により、短期間で不採用となってしまいました。

“薄い財布”の方が人気なのは何となくわかるな…

iPhoneに決済機能を持たせる

ApplePayはiPhone7から

ミニマリストの多くはiPhoneユーザーです。

私も例に漏れずなんですが、残念ながら”おサイフケータイ”の機能に該当するApple Payに対応しているのはiPhone7からです。

電子決済に対応するためだけに、すぐにiPhoneを買い替えというわけにはいきません。

カードを収納できるiPhoneケースで代用するのが一番無難かと思います。

※ 昔あったBEAMS×Master-pieceのiPhoneケースが、カードも収納できてとてもかっこよかったのですが、今は販売していないみたいですね。

まとめ:慣れるまでちょっと大変なキャッシュレス生活

キャッシュレス生活の導入段階であまり得した情報を挙げられなかったのですが、ひとまず1ヶ月実践してみて、またレポートしたいと思います!

一番の目的は、現金を持ち歩かないことよりも、お金の流れを掴んで適切に管理することです。

田舎ではなかなか定番化しなさそうですが、まずはやってみます!

それでは、よいシンプルライフをお送りください^^



Sponsored Link



キャッシュレス生活1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA