最小限の装備で冬を越す!シンプルライフに最適な暖房器具は?

シンプルライフと暖房

連日寒い日が続きますね。私の地元でも、一年で一番寒い時期に開催されるお祭りが本日最終日です。

これから暖かくなっていくまでも、まだまだ寒い日はやってきます。今回は、シンプルに冬を乗り切るために私が愛用している暖房器具について紹介します。

はじめに:自分が住んでる地域は比較的暖かい

冬の空

私が住んでいる四国地方は、全国でも比較的温暖な地域です。

雪が降って道路が白くなることも、年に1,2度あるかないかです。(そのかわり、積雪や路面凍結が起こるとパニック状態で、交通はほぼ不通になります)

というわけで、私が冬を乗り切る装備も、寒冷地にお住いの方にはあまり参考にならないかもしれません。

東京に住んでいた時は、地元より少し寒いと思いながらも何とか少ない暖房器具で乗り切れていたので、関東地方であれば現在と同じ装備で乗り切れると考えています。

私が採用している暖房器具:石油ファンヒーター

ダイニチ石油ファンヒーター

DAINICHI FW-3214S

ダイニチ製の石油ファンヒーター12畳用(木造の場合は9畳)です。1万円前後で購入できます。

うちは10畳程度の鉄筋コンクリート造ですが、十分に温まります。

ファンヒーターのメリット

  • とにかく暖まりが早い
  • 部屋全体が暖まる
  • タイマー設定ができる
  • 触れても火傷しない

給油をする手間は必要ですが、とにかく暖まりが早いことと、部屋全体が暖まるためにファンヒーターを採用しています。

なお、私が使っているものはオンタイマーのみしかなく、消火は3時間の連続運転を続けると自動的に消火されます(延長操作もできます。)

このあたりは事前に確認しておいた方が良いと思います。

ファンヒーターで部屋を暖めておくと、“暖房器具の前から動けない”といったことが起こらないため便利です!

以前はエアコンで部屋を暖めていたのですが、やはり「芯から暖かくなる」感じは石油ファンヒーターでないと出せません。そして、エアコンの暖房は夏の冷房より電気を消耗するため、電気代に驚くことになります。

ファンヒーターのデメリット

  • 燃料の調達、給油が必要
  • 換気が必要
  • 電源が必要

当然ながら、燃料の調達が必要です。現在は灯油が75円/l程度なので、18リットルのポリ缶2つ分の灯油を買って一ヶ月持たせる感じです。

それで3千円少々の燃料代なので、エアコンで大して暖まらないのにバカ高い電気代を払うよりはいいかなと思っています。

車を断捨離してしまっているので、灯油を購入する際はレンタカーを借ります。最近はレンタカーも低価格化していて、3時間1,000円+ガソリン代で借りられるところを利用しています。

ついでに水や米などの重量物も、月に一度車を借りた際に買い込むようにしています。

あと、石油ストーブであれば電源なしでも着火できるけど、ファンヒーターは電源がないと使えないため、停電すると暖をとれません。この点は注意です!

都市部だと車を借りてガソリンスタンドへ〜といったことは難しいと思うので宅配サービスなどを利用できると良いですね。

そのほかの暖房器具について

1. 電気ストーブ

±0のこのストーブは格好いいと思う…

電気ストーブは、すぐに暖かくなりますが部屋全体を暖めるのはどうも苦手なようです。

そしてタイマーがついていないものがほとんどで、私は寝落ちして電気ストーブに触れた毛布に大穴が開いたことがトラウマで、電気ストーブの使用をやめました(熱さと焦げ臭さで目が覚めた)

足元だけ暖めるなどの目的で利用するのがいいですね。これ一台で部屋を暖めるのは厳しいです。

2. ハロゲンヒーター

扇風機みたいなハロゲンヒーター最近あまり見なくなったな…

ハロゲンヒーターは、電気ストーブよりも温まりが早かったと記憶しています。首振りやタイマー機能を備えているものもあります。

電気代も、思ったほどはかかりません(エアコンよりは全然マシ)

安いものを使用していたのですが、突然ヒーターの素子が壊れて使用不能になってしまいました。

4. セラミックヒーター

こちらも電気だけで暖をとることができますが、消費電力はやや高めです。

セラミックヒーターの温風は、やはり石油ファンヒーターにはかないません。こちらも足元専用の暖房器具として割り切った方が良いですね。

5. 石油ストーブ

こちらは石油ファンヒーターと同じく、部屋全体を暖めることができます。

しかし、天板部分が熱くなるため、触れないように注意が必要です。私も子供時代、誤って触れて火傷したり、服に穴が開いたことが何度かあります。

電池で着火するものがほとんどのため、停電時の利用も可能です。しかし、タイマー機能などはないためきちんと消火する必要があります。

6. こたつ

最近はオシャレなこたつがあるんだな…

その場から動かないのであればこたつは最高です!というか動きたくなくなりますね。

こたつは布団やら敷くものを用意しないといけないので色々面倒です。一人暮らしを始めてからは採用したことがありません。

準備物が多いためシンプルさに欠けますね。

まとめ:燃料が調達できるならファンヒーターがいい

私の主観ですが、他の暖房器具と比べてもやはり石油ファンヒーターが一番良いですね。

しかし灯油を買いに行く手間は必要となりますのでそれが気にならない人向きです。

あと、ガスのファンヒーターもなかなか暖かいようですが、プロパンガスの場合は結構な燃料代となってしまうかもしれません。

電気ストーブなどは最も安価で手に入る器具ですが、やはりそれなりの性能であるため、足元用などの用途に特化して購入を検討した方が良さそうですね。

今回の記事が暖房選びのお役に立てると嬉しいです。それでは、よいシンプルライフをお送りください^^

再々の給油が面倒な場合は9Lタイプもオススメです!

Sponsored Link



シンプルライフと暖房

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA