再度のキャッシュレス生活のため、財布をGANZO GRの小銭入れにアップデート!

ganzo-gr

当ブログで何度も繰り返されるキャッシュレス/キャッシュオンリー生活。

iD対応のデビットカードを利用し始めたことで、再びキャッシュレス生活に寄りつつあります。

今回は、そんなキャッシュレス生活を支える相棒として新たに購入した、GANZOのGRシリーズ小銭入れを紹介します。

現在は廃盤のGANZO GR小銭入れ

GANZO GR小銭入れ

こちらの小銭入れは、2018年現在は廃盤になっている商品とのことで、デッドストックとして残っていた物を表参道のGANZO本店で購入しました。

こちらに決めた経緯としては、

  • 名刺入れサイズでZIPの小銭入れが欲しい
  • 味が出る革が良い
  • ズボンの前ポケットに入る軽く薄い財布

といった条件をお店の方に話して、提案いただいたのがこちらのGRシリーズ。

シンプルが基本のGANZOのデザインとは、少し趣向が違うロゴが入っています。

こちらはクラシックカメラ(おそらくライカ?)をモチーフにしたデザインで、懐かしさと斬新さが共存する絶妙なデザインです。

本当は他の商品にしようと思っていたのですが、これも縁と思い、こちらのGR小銭入れを購入しました。

GANZO GR小銭入れ開封

GANZOの箱

いつもの高級感のある箱に入っています。

こういった細かいところにも“いいモノ感”が出ていますね。

GANZO製品の付属品

財布や名刺入れと同じように保証カードと巾着のケース付きです。

こちらも商品への自信が感じられる部分です。

GANZO GR小銭入れ

GANZO GR小銭入れの使い方

ganzo-gr-5

何も入れない状態。口は結構広い

今回、こちらの小銭入れには以下の物を収納する予定でした。

  • 予備のクレジットカード
  • Tポイントカード
  • 保険証または免許証
  • 紙幣数枚
  • 小銭が出たら小銭

全て余裕で収まります。

カード類も4,5枚くらい、紙幣も5枚くらい、小銭もある程度入ります。

しかし、容量に甘えて思うままにモノを詰め込んでしまうとパンパンになって重くなってしまうのでは本末転倒です。

できるだけ最小限で、スリムに使えるよう心がけています。

ganzo-gr-6

予備のカードや現金を入れて

ポイントが貯まらないポイントカードは出来るだけ持たないよう心がけていますが、加盟店舗が多いTポイントや、割と貯まりやすく利用頻度の多いカルディのポイントカードは持参しています。

小銭入れサイズだと、紙幣は3つか4つに折らないと入りません。

現金を使うのは現金オンリーのお店でだけなので、それは問題ないです。

お札を折っていると、チャージの際に駅の券売機に入りにくくなることがあるのだけは要注意です。

再度キャッシュレス生活を始めた理由

今まで、当ブログでも「キャッシュレス生活始めました」→「辞めました」と繰り返して、今回また実践することになりました。

こちらの記事は、マスコミの方からも取材依頼をいただけたので、何かの役に立っていれば嬉しいです。(現金オンリーの店、都内でもまだまだあるのが実状なんだよなぁ…)

現金オンリーで生活しながらも、やっぱり心のどこかでは「キャッシュレスで済めばいいのにな…」と思う部分があって、再びキャッシュレス生活にチャレンジすることができました。

以下のアイテムのおかげで、上手く行っています。

シンジポーチ

 

View this post on Instagram

 

Shin/Minimalist/Engineer👨🏻‍💻さん(@simplelifelog)がシェアした投稿

スマホケース、またはスマホにそのままシールで貼り付けるためのポーチ。

カードも3,4枚は余裕で入るので、スマホだけポケットに入れておけば財布を取り出す機会は激減します。

私は、次に紹介するデビットカード1枚と、交通系ICカードの計2枚で運用しています。

ミニマリスト仲間の方に教えてもらったんですが、本当にこれは便利です!

SMBCのデビットカード

ganzo-gr-7

こちらは女優の吉高由里子さんがCMしている三井住友銀行のクレジットカードで、VISAデビットに対応しています。

デビットカード(SMBCデビット)

簡単に説明すると、店頭でこちらのカードを出して「一括払い」で決済してもらうと、即座に代金が口座から引き落とされます。

「デビットカード」自体は、結構昔からあったのですが、加盟店が少なくてかなり利用機会が限られていました。

しかし、こちらのカードだとVISAのクレジットカードが使えるお店であれば、全て即時支払いで決済可能です。使えるお店はかなり多いです。

また、iDにも対応しているため、コンビニ等ではSuicaと同じようにタッチするだけで決済、即時引き落としができます。

チャージを気にする必要もありません。銀行の預金残高だけ気を遣っていればOKです。

わずかながら(0.3%程度)キャッシュバックもあります。

この運用方法が私に合っていたのか、すんなりキャッシュレス生活に戻ることができました。

そして、やはり現金が必要になることはあるので、お供としてGANZOの小銭入れは最適です。

財布と鍵とスマホ

財布と鍵とスマホを持てば、さっと出かけられる

GRが廃盤の今、オススメの商品

GRシリーズが廃盤の今、他にも現行で魅力的な商品はあります。

ブライドルカジュアルシリーズのLファスナー小銭入れや

ミネルバナチュラルのZIPパースも軽快でいい感じです。

しっかりした財布だけでなく、こういった“ミニ財布”のラインナップも手を抜かず充実しているのがGANZOのいいところですね。

あと、他社になりますが

ホワイトハウスコックスの小銭入れも使い勝手が良さそうでした。

気になるGANZOの新製品

数週間前の話になりますが、新宿の伊勢丹でコンパクトウォレットのイベントをやっていました。

そこで紹介されていたのが、シンブライドルとシェルコードバンのミニ札バサミ。

通常のマネークリップを半分にしたデザインで、お札を半分に折って挟みこむようです。

GRシリーズの小銭入れを買っておきながら、実はこちらも気になっています(笑)

まとめ:小銭入れを財布にするのはアリ

GANZO GRシリーズ小銭入れ

こちらの小銭入れは、少し前(2018年9月ごろ)に購入していて、2ヶ月が過ぎた今も問題なくこちらの財布だけで運用できています。

そのため、キャッシュレス生活を実践している方は、小銭入れや名刺入れをメイン財布として使ってしまうのも全然アリだと思います。

現在実践しているキャッシュレス生活の詳細は、また改めて記事にしたいと思います。

それでは、よいシンプルライフをお送りください^^

Sponsored Link



ganzo-gr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA