簡単にiMac 4K をデュアルディスプレイ化する方法

imac-dual-display

先日ようやくセットアップできたiMacをデュアルディスプレイ化しました!

…とは言っても課題は山積みです。

ひとまず、デュアルディスプレイ化への道のり、現在の状況について書きます!

iMacをデュアルディスプレイ化する方法

これは非常に簡単です。

imack-back

iMacの背面には、2基のThunderbolt2ポートがあります。(形状はMini Display portと同じ)ここから映像を出力すれば、出力先のディスプレイへ画面表示のためのデータを送れます。

Thunderbolt → HDMI 変換ケーブルで接続

接続は、ThunderboltからHDMIへの変換コネクタを使用して、HDMIケーブルで接続するなどの方法がありますが、今回はシンプルにケーブルのみで接続することにしました。

minidp-thunderbolt2

前回記事にも書いたこいつですね。Apple純正の変換コネクタや、一流メーカーの変換ケーブルが3、4千円することを考えると破格です!

しかし、不具合が出るとのレビューもちらほら…

接続は繋ぐだけ!

imacdual

物理的には、MacのThunderbolt → モニター側のHDMIを繋ぐだけでOKです。ちなみに出力先はAcerの23インチフルHD対応モニタです。

外部モニタが上手く認識されない場合は、Macを再起動してあげましょう。

ディスプレイ環境設定から設定

接続ができたら「ディスプレイ環境設定」を開きます。
「システム環境設定 > ディスプレイ」または、上部のメニューバーに環境設定を表示させることも可能です。

displayconfig

もう一つのモニターが認識されていれば、環境設定に「配置」の項目ができます。物理的な並びと、Macが認識している並びを合わせるため、位置変更で左右を入れ替えてみて調整します。また、メインモニターは上部の白いバーがある方です。簡単に変更できます。

ミラーリングではなく、拡張モニタとして使用する場合は(この場合がほとんどだと思います)「ディスプレイをミラーリング」のチェックを外します。

これでひとまず、環境構築は完了です!

正常に接続できたはず!が…

設定は正常に完了したと思われたのですが、10分おきにサブモニタの画面が真っ黒に…そして数秒経つと復帰。ずっとこの状態です。時々、メインのiMacの方も一瞬消灯します。ケーブルを挿し直して再設定しても変わらず。

これは完全に、ハズレを引いたパターンですね。幸い、相性保証を行なっている販売店だったので、代替品を送ってもらうことになりました。それまではデュアルモニタではストレスなく使えないので、もう一台のモニタでは旧パソコンのWindows10を稼働させて、贅沢に Win+Mac のデュアルパソコン環境で運用しようと思います!

高さが合わない!

購入前から分かっていたことですが、iMacは下側のベゼルの分、画面位置が高くなっています。そのため、高さ調整のできないモニタでは、上下の高さがiMacと全然合いません!

imacheight

とりあえず、厚めのJavaの本を置いてしのいでみる

高さの件はしばらく課題となりそうですね。いっそモニタもリプレイスするか…

高さ調整できて、縦回転できるものがいいですね

ひとまず当面の課題は

  • ケーブルの代替品が届いたら再度接続して動作確認
  • 高さをうまくiMacに合わせる
  • モニタの色調を合わせる

この辺りになりそうです。また記事更新します!

iMacを納品した時の記事はこちら!

Sponsored Link



imac-dual-display

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA