思い切ってデュアルディスプレイをやめてみたら思いのほか快適に!

シングルモニタのMac

ここ2年ほどは、職場も自宅もデュアルディスプレイ環境で、「モニタ一1枚では作業できない!」と思っていました。

以前も記事にしたとおり、サブモニタを思い切って断捨離してみたら意外と快適になったので、シングルモニタのメリットについて紹介したいと思います。

以前のデュアルディスプレイ環境

imac-dual

通常のモニタだとiMacと高さが合わない…

ちょうどこのブログに移った時からMacに変えて、「iMacでデュアルディスプレイ!快適!」って感じで運用してました。

サブモニタとして使ってたのがacerの23インチフルHDモニタで、高さ調整機能がなかったため、iMacと高さが合わず苦労していたところ。

デュアルモニタ化のために、Mini Display Port(Thunderbolt2)から、HDMIに出力するケーブルを使ってMacのディスプレイを拡張していました。

デュアルモニタをやめたわけ

絶対的に必要!と思っていたデュアルモニタですが、日々ブログを更新しているおり、「あれ?右側のモニタしか見てね?」と気がつくことに。

しかも、右側に配置していたのはRetinaディスプレイのiMacではなく、普通のacerモニタの方(笑)さすがに勿体無いですよね。

そういった背景があって、サブディスプレイを一度取り外して“テスト断捨離”をしてみたわけです。

結果としては、モニターが売れるまでの数週間の間、サブモニタを繋ぎたいと思うことはなく、モニターについてはメルカリで、必要とされている方にお譲りすることができました。

断捨離成功!しかも本当に欲しい人の手に渡るという有効な手放し方ですね。

シングルモニタでの運用について

こちらは前回記事でも触れましたが、MacにはMission Controlなどの素晴らしいウィンドウコントロールのアプリケーションがあります。

私は、「ホットコーナー」の右上にミッションコントロールを割り当てて、マウスカーソルを右上に持っていった時に全ウィンドウが表示されるようにしています。

missioncontlol

使用中のアプリケーションウィンドウを表示させ、選択することができます。

具体的な設定方法については前回記事を参考にしていただけるとありがたいです。

デュアルモニタなしでMacで快適にブログを書くには?

このように、21.5インチの4Kディスプレイ一枚でも作業効率を落とすことなく作業ができています。

ちなみに、Split Viewはあまり使わず、ミッションコントロールと「⌘」+「TAB」のアプリケーション切り替え、「Control」+「TAB」のタブ切り替えのみで運用しています。

現在のブログ執筆の需要であれば、とりあえずのところ4K iMacで必要要件を満たしています。

それではMacBook系の13インチモニタでもいけるのでは?

mackbookprotoch

MacBookPro 13inch

少し思いましたが、ノートブックの場合は根本的に視線の位置が見下ろすような角度になるため、現在のデスクトップ環境と同じ環境での作業は厳しいかもしれません。

13インチのMacBookを使っていた時に、Wordで文書作成をしていたのですが、やはり画面が小さすぎて大変だったのを覚えています。

MacBookProを愛用されている方のブログでは、デスク上にMacBookをスラントさせて置くことができるスタンドや、外部モニタなどの環境を構築されているのをよく見かけます。

MBP15inch

MacBookPro15インチもいいですね。

たまにスタバでドヤりたくなる

自宅作業ではiMacの使用感に十分満足しているのですが、たまにスタバでドヤりたい欲求が出てきて、ドヤリング用のMacBookがあればなぁ…とちょっと思います。

※ドヤリングとは、スターバックスにApple製のノートパソコンを持ち込み、スタイリッシュに何らかのPC作業を行うことです。

MacBookProでもAirでもなくて、普通のMacBookがちょうどいいですね。サブ機としての利用であれば中古の低スペックモデルで十分です。WordPressの作業さえ快適にできれば…

現行のMacBookProもそうなんですが、新型モデルは充電がMagSafeアダプターではなくUSB type-Cとなったため、モバイルバッテリーからでも充電ができます!

MagSafeのように引っかかったらすぐに抜けてくれるという安全性はありませんが、電源の供給元に選択肢があるのは魅力的です。

MacBook充電

モバイルバッテリーからでも充電可能!

現行MacBook、MacBookProでドヤリング時の注意点

MacBookとバッテリー

現行のMacBookやMacBookProでドヤリストデビューを飾りたい方へ

現行のMacノートには、ドヤリング時に留意しなければならない重大な注意事項があります。

 

それは

 

背面のリンゴが光らないことです。

 

あの光るリンゴマークこそが、スタバでのドヤをドヤたらしめているのに…

MacBookAir光るリンゴ

最先端のドヤは、MacBookProのTouchBarが最適です!

意識高くいきましょう^^

TouchBar

まとめ:シングルモニタでも結構いける!

ちょっと話がスタバでのドヤリングに脱線しましたが、ブロガーとしての利用目的であれば、現在のところシングルモニタで十分対応できます。

WordPressのテーマを作るのにPHPのコードを書く必要があるのであれば、デュアルモニタはあったほうがいいかもしれないですね。

サブモニタを縦にして使うというのも一度はやってみたいです。

↑このあたりであればそれができます。

自分が絶対必要だと思っていても、やめてみると「意外といらなかったな」と思えるものは結構あります。

少しでも「これは省略できるかも?」という考えが浮かんだ場合は、テストで断捨離してみるのも面白いかもしれません!

それでは、よいシンプルライフをお送りください^^

こちらの記事もオススメです!

Sponsored Link



シングルモニタのMac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA