USB-Cハブが使いにくかったので、AUKEYの変換アダプタに替えてスッキリ!

aukey-adapter-1

以前、「MacBookProが有線LAN接続可能に!Ethernetポート付きのUSBハブを購入【通信速度比較あり】」で、USB-TypeCハブを紹介しました。

しかし、自分の使用スタイルには合わなかったため、メルカリで断捨離することに。

今回は、通常のUSB2.0/3.0からUSB-Cへ変換するだけのアダプタを入手したため、紹介したいと思います。

MacBook,MacBookProを使っていると必須のUSB変換

MacBookProをEathernet接続

ポートがUSB-Cのみになった現行MacBookが誕生してから3年あまり経ちますが、現在もそれほどメジャーな規格ではなく、変換してからデバイスを使う羽目になってしまいます。

しかも、AndroidスマホはUSB-Cを使ってるのに、iPhoneは頑なにLightningコネクタなのも何だかなという感じ。

結局は、このような変換アダプタやUSB-Cから通常のUSBに変換するハブが必要になってきます…

AUKEY(オーキー)USB-C to USB3.0変換アダプタ

aukeyのアダプタをMacに装着したところ

変換アダプターをMacBookPro(Late2016 15.4インチ)に装着したところ。

かなり小型なのですっきり収まります。そして、もう一つのポートで充電も可能です。

今のところ、このアダプタを使って利用できなかったUSB機器はなく、快適に利用できています。

ドライバなどは必要なく、アダプタに機器を差し込めば反応してくれます。

横から見たところ

横から見たところ

機器の接続

今回、MacBookProに接続して使いたかった機器はUSBメモリ、外付けHDD、カメラ(SONY a5000)などです。

どの機器も問題なく使用できて、特に通信が遅くなっているような感触もありません。

USBメモリを差し込んだところ

MacBookProは左右両方にポートがあるのがありがたい

USB-Cハブに比べると小型なので、装着しても全く気にならないです。

むしろ、繋ぐ機器側に取り付けっぱなしでいいんじゃないかと思います。

USB-Cハブを使わなくなった理由

以前紹介していたUSB-Cハブですが、まずそれほどMacにデバイスを繋ぐ機会がないのと、複数USBポートがあるのがオーバースペックでした。

基本的に、PCに2種類以上の外付けデバイスを繋ぐことが今までほとんどなかったような気がします。

カードリーダーなどの機能が付いていたとしても、カメラを繋げば結局はSDカード内のデータにアクセスすることができるため、使いどころが思い当たらないです。

そんなわけで、オーバースペック過ぎるUSB-Cハブについては使わなくなってしまいました…

まとめ:変換アダプタは複数あっても良いと思う

こちらのアダプタは軽量小型のため、いくつか買っておいて、接続する側の機器の方に取り付けておくのが良いと思います。

価格も600円くらいです。

今回はデジカメのSDカード内の写真の整理と、バックアップ用の外付けHDD接続のため、こちらを購入しました。

カメラを繋いでいるところ

一緒に購入した外付けHDDと、TimeMachineでバックアップを取得する方法については、別記事で紹介したいと思います!

USB外付けHDD

外付けHDDを繋いだところ

それでは、よいシンプルライフをお送りください^^

Sponsored Link



aukey-adapter-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA