Macでスクリーンショットを取得する方法【Sierra対応】

macscreenshot

Macのスクリーンショットは非常に便利で、当ブログでもフル活用しています。

しかし、Macには「Print Screen」キーがないため、どうやってスクリーンショットを取得するのか謎な方も多いのではないでしょうか?

Macのスクリーンショットの取得方法について紹介します。

画面全体のスクリーンショットは「⌘+shift+3」

画面全体のスクリーンショット

「⌘command」+「shift」+「3」を同時押しすると、全画面のスクリーンショットがすぐに取れます。

上部のツールバーから開いているウィンドウ、Docまで全てを撮影することが可能です。

ファイル名は「スクリーンショット YYYY-MM−DD HH.MM.SS」の名称で、png形式で保存されます。

デュアルモニタを構築している場合は、2画面同時にスクリーンショットが取られて、もう一つのファイルも「スクリーンショット YYYY-MM−DD HH.MM.SS(2)」の名称で保存されます。保存先はデスクトップです。

画面の一部やウィンドウのスクリーンショットは「⌘+shift+4」

画面の全てをキャプチャすると、だいぶ不要なものが写り込んでしまうため、私はこちらの方法を使うことが多いです。

画面の一部のスクリーンショットを撮る

「⌘command」+「shift」+「4」を同時押しすると、ポインタが十字形に変わります。

ポインターが十字形に変わる

十字形に変わったポインターをドラッグ&ドロップして範囲選択!

そのまま切り取りたい範囲をドラッグ&ドロップすることで、スクリーンショットを取得できます。取り消す場合は、「esc」キーを押してください。

ウィンドウを選択してスクリーンショットを撮る

個人的にはこちらの方法を使うことが一番多いです。上記の手順と同様に「⌘command」+「shift」+「4」を同時押しして、ポインタを十字形に変えます。

その後「スペース」キーを押すことで、ポインターがカメラのマークに変わります。あとは、キャプチャを取得したいウィンドウの上にカメラのアイコンを移動させてクリックするだけです。

こちらも、取り消したい場合は「esc」キーを押してください。

システム環境設定のスクリーンショット

「システム環境設定」ウィンドウのスクリーンショット

このように、選択したウィンドウのみを綺麗に撮影することができます。

MacとWindowsのスクリーンショットの違い

Windowsでは、「Print Screen」キーを押下することで、デスクトップのキャプチャ画像がクリップボードに保存されます。(アクティブウィンドウはAlt + PrintScreen)

その後、ペイントなどを開いてコピーした画像をペーストし、保存するイメージです。

Macの場合はスクリーンショットのショートカットキーを使うことで、瞬時に画像が保存されます。保存された画像をダブルクリックで開いてプレビューするイメージですね。

どちらが良いかは人それぞれですが、Macのショートカットを覚えてから、直感的にスクショを取れるMacの操作感がやはり好みです。

スクショで保存したpng画像をダブルクリックで開くと、「プレビュー」というアプリケーションで開かれるのですが、こちらも軽い文字入れや編集ができるため重宝します。機会があれば紹介したいと思います!

プレビュー機能で文字入れ

それでは、よいMacライフをお送りください^^

Sponsored Link



macscreenshot

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA