【2017年最新版】年末はメルカリを利用して断捨離しよう!

mercari_logo_vertical

最近、流行りのフリマアプリ「メルカリ」

どういったものかよくわかっていなかったのですが、友人が始めたのをきっかけに、私も始めてみました。始めてから1ヶ月で50取引ほど行ったので、使用感や注意点など簡単にまとめたいと思います。

オークションなどに比べると非常にお手軽

ヤフオク、モバオク、Amazonマーケットプレイスと、個人が出品できるサイトでの販売もひととおり経験してきたのですが、メルカリはこの辺りと比べるとだいぶカジュアルに売買ができます。

また、オークションサイトやマーケットプレイスの欠点もうまくカバーしています。

mercaritop

こんな具合に、アプリを立ち上げると、全国のユーザーが出品したての商品がずらっと並びます。右上には検索ボタン、通知が表示され、チェックマークに数字がついているのは自分のToDoです。(発送してください、連絡してくださいなど)

右下の「出品」をタップするとカメラが起動して、商品を撮影後、即出品登録できます。

この、手軽に出品できる機能が魅力で、ちょっとしたものでも出品してみようという気にさせてくれます。昔だったらケータイで撮影した写真を選択してとか、SDからデジカメの写真を取り込んで…だったのがこんなに楽になるとは!

メルカリの魅力

出品、発送、連絡などがスマホ1つでできる

スマホアプリなので、当然パソコンを所持していなくてもメルカリへの出品や購入が可能です。パソコンでも出品などはできますが、ブラウザからのアクセスとなるため、アプリに比べるとやや制限があります。

また、重要な情報は全てプッシュ通知されるため、メルカリを使うために他のアプリを使用する必要がないというのも魅力です!

ただし、アプリ内で使用するカメラは、元々のスマートフォンのカメラの機能をフルに使えないため、細かな調整やレタッチをしたい方は別途撮影して加工してからのアップロードがオススメです。(アプリ内でも簡単な補正や文字入れはできます。)

購入者の住所を知らずとも発送が可能

らくらくメルカリ便を利用した場合の話ですが、匿名配送が利用できるため、相手の住所を知らずとも商品の発送ができます。当然、宛名書きも必要ありません!こちらの住所氏名を明かす必要もないです。

発送さえ行えば、手続きはメルカリ側で行われるため、相手との直接のやり取りを行わなくても良いのは非常に負担が減ります。

女性ユーザーを多く獲得しているのはこういったところが大きいと思います。

金銭トラブルが起こりにくい仕組みになっている

これも、上記とやや重複しますが、一般的なオークションであれば購入者に振込先を伝えて、振り込んでもらうか、代引きで発送するのが一般的でした。しかし、これらの方法だと「〇〇までには必ず振り込むから先に発送してほしい」といった要望や落札後に値引きを求めるようなやり取りも多く、金銭トラブルが発生しやすかったです。(事務局側も関与はしません。)

メルカリの場合は、購入方法がクレジット決済、売上金やポイントを利用して決済、キャリア決済、コンビニ/ATM払いとなっており、決済完了後に、出品者側も発送可能なステータスとなります。(コンビニ/ATM払いで購入された場合、支払い前でも発送しようと思えばできます。期日までに支払われない場合、出品者側から一方的にキャンセルができます。)

間にメルカリが入ってくれることで、ユーザー間販売で発生しがちなトラブルを回避できます。その代わり手数料がかかりますが、手数料については後述します。

らくらくメルカリ便を利用することで、全国一律料金で発送が可能

個人のネット販売の問題として、送料の問題は大きいです。

送料込みでないと売りにくいにもかかわらず、発送先によって送料が変動するようでは安定した利益が見込めません。

ヤマト運輸と提携したらくらくメルカリ便では、サイズごとに送料が決まっていて、サイズにさえ収まっていれば、発送先による送料の差額はメルカリ側が負担してくれます。

mercaripostage

発送時に送料の支払いは必要なく、売上金から差し引かれるようになっているのも楽で良いです。

24時間コンビニからの発送も可能

郵便などの場合は異なりますが、らくらくメルカリ便の場合は、アプリ内で生成されたQRコードをFamiポートなどに読み込ませて、伝票を印刷します。あとはレジでバーコードを通して、サイズの入力を店員さんにしてもらって発送です。

最近は利用者が多いのか、どこの店舗も慣れてる感じのスタッフさんが多いように感じます。(ファミリーマート、サークルKで利用可能です)

小物の場合は、出勤前にさっとコンビニで発送したり、仕事の昼休みにコンビニで発送したりします!

購入も簡単!

購入も、iTunesのごとく簡単に行うことができます。購入にメルカリからのポイントを充てたり、自分の売上金の現金化していない部分も利用できるため、購入も簡単にできます。

某オークションのように、落札直前で唐突に別の入札者が現れたり、「最低落札金額に達していないため落札できません。」といったことはないです。購入手続きをすれば確実に購入できます。

すぐに現金化できる

売り上げは、購入者に商品が届き、購入者がこちらを評価した時点で確定します。取引が完了するとメルカリからメールが届き、振り込み申請可能な売上金が加算されます。

振込みに関しては、スケジュールにもよりますが、申請から約1週間で指定口座へ振り込まれます。振込金額が10,000円以下の場合は、手数料として210円が必要となります。できるだけ売上金が貯まってから振込み申請するのがよいです。

メルカリ利用の注意点!

経費を考慮しよう

メルカリは無料アプリなので、ダウンロードも利用も無料です。しかし商品を出品して販売する場合は、売り上げから手数料10%が差し引かれます。(後払いではなく、こちらが売り上げを受け取る際にはすでに差し引かれています)

10,000円の商品を販売した場合、利益は 9,000円ということですね。(らくらくメルカリ便の場合、そこから送料が差し引かれます)

高額商品などの場合は、意外と手数料がかさみますので、手数料を支払っても、想定する利益を得られる価格設定とする必要があります。

また、送料は着払いと送料込みを出品側で選択できますが、私は「送料込みの方が売れやすい」とのアプリの説明を見たきり、全て送料込みとしています。そのため、着払いに設定した場合の取引方法に違いがあるのかなどは分からないです。(おそらく着払いにしていると、送料込みで!といったコメントが殺到しそうなことが予測されます。)

別途記事を書こうと思っていますが、商品の性質に合わせて発送方法を考慮する必要があります。この辺は少し慣れが必要です。

リテラシーの低いユーザーが多い

前述した通り、気軽に使えるアプリとなりますので、こういったサイトの作法をよく知らなかったり、常識のないユーザーに当たってしまう可能性があります。

また、寄せられるコメントの大半は「値引きしてください」「いくらまでなら安くなりますか?」「半額以下なら買います」といったようなものばかりで、対応に骨の折れる部分はあります。

「値引き交渉してからでないと購入したらいけないルールでもあるのか?」と最初思いましたが、そんなことはありません。早い者勝ちです。

多少のデメリットに目をつぶっても、手軽に利用できることは魅力的ですね。

出品者と、個別メッセージを行う機能がない

密に連絡を取らなくてもよいことの裏返しではありますが、メルカリにはダイレクトメッセージ機能がありません。やり取りは全て商品に対するコメントか、商品販売から取引完了までの「取引メッセージ」内で行う必要があります。

ちょっと確認の連絡を取りたい…といったときは不便かもしれません。

また、取引メッセージなどは、返信を促すようアプリのアイコンバッジが残り続けるのでややうっとうしいです。

具体的に、どんなものが売れやすい?

元々、断捨離目的で始めたので、あまり着なかった服、自転車用品などを出品していました。

アパレルに関しては、売れやすいと思っていたのですが、意外と厳しいです。

自転車用品に関しては、趣味にしているユーザーが少ないのでは?と思いましたが、意外とよく売れます。

IMG_2855
IMG_2856



このあたりは、利用頻度も少なかったので、意外といい値段で売れました。売上金で、新しいものを買うことも検討できます。

意外とこんなものも売れる

工具

impact
zigsow



私は以前、工具を使う仕事をしていたのですが、転職してから全く必要のないものとなっていました。処分するにもどう処分したらいいのか分からなく困っていたのでメルカリに出品したところ、一瞬で売れました(!)

そのほか工具類は状態が良くなくても、使用さえできる状態であれば購入いただけることが多いです。

気になる方はとりあえずやってみましょう

私も最初はアプリだけ入れて、出品されているものを見てるだけだったのですが、一度出品してみるとすぐに売れて、面倒だと思っていた自己発送も従来のサービスに比べて非常に手軽だったので今はメルカリ1本でやってます。

始めてから1ヶ月で、自分の不用品を販売しただけですが、ざっと5万円ほどの利益となりました。

浮いたお金でちょっと欲しかった物を購入したり、食事やお酒などプチ贅沢に使うこともできます!

リサイクルショップや買取店などで数十円、数百円で買い叩かれるよりは、多少の手間をかけてでも自分で販売した方が、利益も大きいし、本当に欲しいと思っている人の手に渡るので気持ちよく手離せます。また、モノを買う際にも、「メルカリで販売することになってしまわないか?」と、真剣に吟味して購入することができます(笑)

今後は、有効な活用方法や発送の注意点なども細かく紹介していけたらと思います!それでは、よい断捨離ライフをお送りください^^

Sponsored Link



mercari_logo_vertical

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA