キャッシュレス2ヶ月目に突入!1ヶ月運用した結果は?

前回「キャッシュレス生活はじめました」記事を書いてから1ヶ月以上が経過しました。

2ヶ月目に突入した現在も、キャッシュレス生活を継続できています。キャシュレス生活1ヶ月間の運用結果とメリットについて紹介します!

キャッシュレス生活を続けた結果

最初は、現金を財布から出さないからついつい買いすぎてしまうのではないか…と心配していたのですが、そのようなことはありませんでした!

カードの明細は、常に楽天カードのアプリから確認することが可能なため、今月“何”“どのくらい”お金を使っているのか一目瞭然です。

楽天カードアプリ

支出をカテゴリ分けして管理できる!

Edyのチャージも、現金ではなく同じ楽天カードから行なっているため、現金で支払っているもの以外は全て楽天カードで決済していることになります。

決済手段を一元化することで、色々な支払い方法を組み合わせる家計管理より分かりやすいです。



手持ちの現金は?

wallet2

GANZOのシンブライドル2つ折り財布

給料日に財布に1万円入れておくだけで1ヶ月過ごせました。しかも3,000円くらいは残っていました。

どうしても現金での決済が必要になるのは、「個人経営の飲食店での食事」「駐輪場」「飲み会の割り勘」くらいです。

外食はあまりしないので、飲食店で月に数回現金を支払ったとしても十分余ります。

急な飲みの誘いがあったとしても、財布に1000円札で1万円分くらい入っていれば支払いに困ることはないです!

キャッシュレス生活のメリット

何にいくら使ったかが一目瞭然

最初に挙げたとおり、Edyのチャージも楽天カードから行なっているため、毎月のお金の流れが一元管理できています。

現金の使用については、飲み会などの交際費であれば月にいくら使ったかは控えていなくても大体わかります。

また、数千円の現金の使用であれば“雑費”扱いでそれほど細かく記帳する必要もないかと思います。

買い物に行く店を絞ることができた

買い物をする店が増えると、それだけで店ごとに余分なものを買うリスクが高まります。

希望の決済方法が使えないと思われる店では買い物をしなくなり、結果的に一つの店に絞ることができました。

食費も、今までより抑えられています。

不買日(何も買わない日)が増えた

不買日とは文字どおり何も買わない日のことです。

カードを出す回数を減らす=節約になると考えて、スーパーでの買い物も2、3日分の食料品をまとめて買うようにしています。

ちょっと買い忘れがあったかなと思っても気軽に買い足しません。

昼食も弁当で、会社には自分で淹れたコーヒーを持って行ってるため、買い物しなくて済む日が結構増えています。

時間もお金も節約できます!

キャッシュレス生活を快適にするために導入したい物

現在ネックになっているのは、出勤時に自転車を停めておく駐輪場の支払いです。

一括先払いや月額払いもできず、毎日精算機に100円を入れてロック解除するとてもアナログな方式を取る必要があります。

その方法しか取れないのなら仕方ないので、abrAsus(アブラサス)の小さい小銭入れを導入しようかと思ってます。

実物を見てきたところ、コンパクトで使い勝手も良さそうなので買ってもいいかなと思っています。

鍵と小銭入れが一体化している商品はあまりなく、結構画期的。

以前、同社の”小さい財布”を使っていて挫折したので、同じことにならないといいけど…

ダークグリーンかブラックで悩み中。

まとめ:思ったよりメリットがあったキャッシュレス生活

どうなるかなと思って始めたキャッシュレス生活でしたが、カードを使いすぎることもなく快適に運用できています。

特にスーパーでは、カードを出せばサインも必要なく決済できるため、現金払いには戻れません。

今までは手帳に出費などを買いて家計簿のようにしていましたが、結局は記録することに満足してしまって肝心の管理はできていなかったので、記録の部分はアプリにお願いして、それを見てどのようにお金を使うかというのを考えた方がよいのではと思います。

最初の一ヶ月は現金払いとの切り替えで色々戸惑うことがありますが、すぐに慣れます。気になる方はぜひ挑戦してみてください!

それでは、よいシンプルライフをお送りください^^



楽天カードはポイントの効率もすごくいいです!

そのほか、キャッシュレス生活の記事はこちら!

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA