iMac Retina 4Kのカスタマイズについて

imacctocustom

先日、Mac選びのあれこれについて書きましたが、自分が購入した21.5インチ iMac Retinaディスプレイモデルで選択したCTO(カスタマイズ)について紹介します。

iMac 21.5 Retina 4K モデルのスペック

  • 4,096 x 2,304ピクセル Retina 4Kディスプレイ
  • CPU:3.1GHz Core i5
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:1TB HDD(5,400rpm)

通常使用する分には現在のWindowsマシンとほとんど変わらないスペックです。しかし、27インチiMacと違って、21.5インチは後からメモリを増設できないという難点が…

高すぎるメモリ増設に悩む

現在使用しているi5のWindowsマシンも、メモリは8GB。たまにブラウザを複数立ち上げてると結構な消費率になってます。

Macではフォトショなども使いたいため、最初は8GBで良くても、後から増やしたいときに増やせないのは致命的すぎる。(DIYやショップ頼みでできなくもないようですが、結構費用がかかることは変わりないです)

しかし、このメモリ増設、8G → 16GBで+20,000 て…

imacメモリ増設オプションの選択画面

結構高いメモリ増設…MAX16GB

ちなみに増設用のメモリは

8GB×2枚で1万くらい。ということは、27インチ iMacを購入した場合は、1万円で最初の 8GB+16GB=24GB に増設できて、2万円あれば、8GB×4=32GB MAXまでメモリを増設できるということですね。

それを考えると、21.5インチにメモリを 8GB追加するだけで 20,000の追加は大きいですね。。物理的にスロットが 2つしかないから頑張ってもMAX 16GBなのは仕方ないとしても、もう少し安くならなかったものか。

しかし、後から「増やしておけばよかった」と後悔するのも嫌なんで、メモリに ¥20,000 のお布施をすることに。ホントにAppleは商売上手だと思います。

この時点で + ¥20,000-

Fusion DriveかSSDか

お次はストレージ

iMacストレージの選択画面

FusionDriveはやっぱり気になる!

SSDのMacBookとHDDのiMacを触り比べた際のスピードの違いは歴然です。

アプリケーションのアイコンをクリックした時の跳ねる回数が全く違います。

Fusion Driveは実物を触れなかったため未確認ですが、HDDオンリーは無いなと思ったため、こちらもカスタマイズ対象です。

SSD 256GB で +20,000 か

大分価格は下がってきたとはいえ、もともとHDDで1TBある容量が256GBまで減って2万円もプラスになるのはかなりのコスト増に感じます。

SSDにした場合は、AirMac Time Capsuleなどを追加して、データを外部に置いといた方がよさそうですね。

Fusion Drive は気になる

頻繁に使うデータは高速のフラッシュストレージに保存され、それほどアクセスしないデータはハードドライブに保存される

SSDとHDDのハイブリットってことだけど、ユーザー側でどちらの領域に保存するか選択できるわけでもないようです。RAID0のようなものですね。しかし、どちらかが故障したら共倒れか…

まぁ、衝撃が加わるわけでもないし、ハードウェアの故障はあまり心配しないようにします。

比較動画が決め手になりました!

かなり違いますね!

FusionDrive で +10,000-

キーボードは英字

iMacキーボード選択画面

シンプルな英字キーボードがやっぱりいい!

こちらは無料オプションですが、今回は英字キーボードを使用してみることにしました。(以前の MacBookはJIS)

トラックパッドも気になりましたが、欲しくなったら追加するということで、通常のMagicMouse2に^^

総額 ¥178,800-(税別)

使用決定後のiMacの価格

税込 ¥193,104

追加したカスタマイズは、メモリ16GBへ増設(+20,000)と FusionDrive(+10,000)です。かれこれ悩みましたが、後悔はありません!

今週末には納品できそうです!

開封の儀はこちら!

Sponsored Link



imacctocustom

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA