【macOS Sierra 対応】わたしのMacがテレビになる GV-M2TVでテレビを見よう!

GV-M2TVの箱

ここ1年ほどはテレビなしの生活を送っていたのですが、年末年始の来客のため、テレビを用意することにしました!

Mac対応のテレビチューナーは数種類ありますが、今回は価格も手頃でコンパクトなIOデータのGV-M2TVをセレクト!

GV-M2TVの特徴

  • 見た目はほぼUSBメモリ
  • アンテナケーブルで有線接続
  • 外部電源は必要なし
  • macOS Sierra対応
  • Macのストレージにも外部ストレージにも録画可能
  • Mac MiniやMac Proなどの外部モニタ環境は未対応(デュアルモニタも×)
  • BS,CS未対応

ネット上の評価では高画質との評価が多かったので、価格も手頃なこちらにしました。

ちなみにBS未対応なことは購入するまで確認してませんでした(笑)BSほとんど見ることがないのですが、田舎ではMX等が映らず、BS11で久々にアニメを観たかったのですが残念です。

早速届きました

何とか年末までに間に合った!

GV-M2TV1

今回は楽天スーパーポイントが貯まっていたので楽天で注文したのですが、注文翌日に届きました!あまりに早すぎてアンテナケーブルをまだ準備していなかったため、昨日はテレビを見られませんでした。

開封!

GV-M2TV3

中身はいたってシンプル!

  • 本体
  • mini B-CASカード
  • アンテナ接続ケーブル
  • ドライバCD
  • 取扱説明書

ドライバCD入っていますが、Macはドライブがないので、ドライバとアプリケーションはWeb上からダウンロードできます。ダウンロード時は、製品に記載のシリアル番号が必要になります。

mini B-CASカードを挿入

mini B-CAS

mini B-CASカードは、ケータイのSIMよりすこし大きいくらいです。これでTVが視聴できるのはすごいですね!説明書に記載通りの向きで本体に挿入します。切り欠きがあるので、向きを間違えることはないと思います。

GV-M2TV4

どうやって取り出すのか?と思うくらい奥深く入るのですが、付属品で、取り出し用のシールがついてます。

GV-M2TV5

このシールを貼り付けて、「えいやっ」とカードを抜くようです。まぁ、一回使い始めたらカードを抜かないといけない状況はそうそうないと思います。

アンテナケーブルを接続!

GV-M2TV6

まずは本体に、付属のminiピン→アンテナケーブルの変換ケーブルを取りつけます。

GV-M2TV7

その後、GV-M2TVをMacに取り付けて、アンテナケーブルで壁面のアンテナ差し込み口へ接続します。

アンテナケーブルは通常のTV用の物なら何でもよいです!私は普通のストレート→L型の3mのものを購入しました。

m2TVをダウンロード

TV視聴用のアプリケーションとドライバはメーカーサイトからダウンロードできます。自動認識などはされませんでしたので、手動でダウンロードして、インストールする必要があります。

GV-M2TV8

ディスクイメージを開いて、アプリケーションフォルダへドラッグ&ドロップするだけです。その後、アプリケーションフォルダから「m2TV」をダブルクリックして起動します。

GV-M2TV9

チャンネル設定は、自分が住んでいる地域を選択してスキャンするだけです。

地デジが映った!

GV-M2TV10

吉井さん!!

ちょうどMステのスペシャルをやってました!TVがなかったらこのBURNも観れなかったな…

画質はとても良いです。安定して映ります。ウィンドウを常に前に出しておくこともできるので、BGMがわりに小さいウィンドウにしてテレビを見ています。

注意点

Bluetoothでの音声出力ができない!

これは盲点でした。JBL FLIP3へ音声出力しようとしたところ、「デジタルオーディオへの音声出力には対応していません」との表示が出てアプリケーションがダウン。

著作権絡みの問題でしょうか。使用するのであれば、Macの内蔵スピーカーか、有線接続のスピーカーやヘッドフォンで出力する必要があります。

デュアルモニタはやっぱり無理

「未対応」とは最初から確認していましたが、どんな挙動になるのか、サブモニタにウィンドウをドラッグ&ドロップして見たところ、3秒ほどして「外部ディスプレイ環境では視聴できません。」との表示が出てアプリケーションがダウン。

再度m2TVを起動すれば普通に視聴できます。外部モニタに出力する手段は探せばありそうですが、今のところ元々の状態ではできないようです。

余談ですが、以前Windowsパソコンを使っていたときに、TVキャプチャのGV-MVP/XS3Wを使っていたことがあるのですが、こちらはサブディスプレイにウィンドウを移すと、アプリケーションがダウンするだけでなく、アプリを再インストールしないと再度起動できない極悪仕様でした(笑)

ちなみにこちらはBS対応です。

Macでテレビまとめ

ひとまず、GV-M2TVがあれば、テレビを見る、録画するといった要件は満たします。まだ詳細は確認していないのですが、Macをサーバーとして、同一無線LAN内のiPhoneやiPadからも、テレビが見られるようです!

その辺りの設定と、録画したデータの取り扱いなどについては、また確認してから記事を書きたいと思います。

年末年始はテレビを見てゆっくり過ごせそうです!それでは、良いMacライフをお送りください^^

Sponsored Link



GV-M2TVの箱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA