リマスター版アーロンチェアは買い?早速試してきました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

現在、2015年に購入したアーロンチェアポスチャーフィットフル装備を愛用しています。

22年ぶりにリマスターされたアーロンチェアが発売されたということで、早速お試ししてきました!

Sponsored link

リマスターされたアーロンチェアとは?

リマスター版アーロンチェア

画像はハーマンミラーサイトより

詳細は、私がアーロンチェアを購入したVanilla-kaguの商品詳細ページに記載がありました。

簡単にまとめると

  • 部位によってペリクルの強度が異なる
  • ポスチャーフィットが形状変更されて縦長に
  • 機構部がコンパクトになった
  • ベース(脚)の形状がスタイリッシュに
  • アームが前後にも移動するようになった
  • リクライニングの硬さ調整範囲が50回転から14回転へ
  • リクライニングの範囲指定と前傾チルトが一つのレバーに

こうしてみると結構変わってますね。しかし、元々アーロンチェアを使用したことがある方でないと、正直わからないくらいの変化だと思います。

実際に試座してみた感想をまとめておきたいと思います!

リマスター版アーロンチェアが試座できるお店

新宿

地元には当然のごとく取り扱い店舗はないため、東京へ出かけた際に試座してきました。

都内で取り扱いの店舗は多数あると思いますが、大塚家具 新宿ショールームのB1F SOHO Museumで試してきました。

Aサイズ、Bサイズどちらも置いています。さすが安定の大塚家具!

[2017/7/11 追記]

現在、大塚家具新宿ショールームの売り場変更により、ワークチェアは1Fと5Fに展示されています。

アーロンチェア リマスタード 試座レビュー

ペリクルについて

正直、ペリクルの違いによる座り心地の違いはわかりませんでした。

現行のアーロンチェアのクラシックペリクルよりも細かい模様でシンプルな印象です。

新しくなったポスチャーフィットについて

これはかなり感触に違いがあります。従来型のポスチャーフィットが面で腰を支えているのに対し、新型は縦長の”線”で背骨を支える印象です。

見た目の印象どおり、これは大きく異なるところです。

実際に支えるテンションについても、従来型よりは弱いように感じました。

長らく座ってみれば印象は変わるのかもしれませんが、ひとまず座り慣れた従来型の方が良いかなと思いました。

ガスシリンダー部などのデザインについて

アーロンチェアー下部

下の機構部分は埃がたまりやすいため、マメに掃除が必要です。

従来型のアーロンチェアのガスシリンダー部は、結構ゴツめの印象です。

これが、すぐに見てわかるくらいにスッキリとしていました。

アップデートにより、チェア全体の重量は1.3kgほど軽量化されているとのこと。

Bサイズの場合、24kg−1.3kgで、約22.7kgの重量になるということですね。重いことには変わりないけど、かなりの軽量化となります!

操作性について

レバー類は従来型と大幅に変わっており、アーロンチェアを普段使っていても、ぱっと見では操作がわかりません。(見てわかるのは上下昇降とリクライニングの硬さくらい)

リクライニングの硬さ調整は、今まで「どこまで回るのか?」ってくらいグルグルと回し続ける必要があったのですが、リマスター版では14回転で調整が可能になっています。

これはありがたい!

また、従来のアーロンチェアは「無段階調整なのか」と思うくらい回りますが、約50回転したところで止まります。

アーム前後調整について

申し訳ありません。アーロンチェアのアームの前後位置になんの不満もなかったため、この新機能については試さずスルーしてしまいました。

可動範囲についても詳細を書いてあるページが見当たらないですね。。

おそらくは、レバー操作などはなく、そのまま押したり引いたりすることで前後調整できると思います。

また試しに行った時に確認しておきます!

[2017/7/11 追記]

再度試してみたところ、アームの前後調整はレバーなどなく、そのまま前後させるだけで調整が可能でした!

詳細については「アーロンチェア リマスタードを再度試してきました!【従来型とどちらがいい?】」をご覧ください。

全体的な座り心地

基本的にはアーロンチェアの座り心地で、従来と別物ということはありません。

唯一、ポスチャーフィットの支え方だけは違うと感じましたので、可能であれば一定時間試した方が良いと思います。

まとめ:アーロンチェア リマスタードは買い?

現在、アーロンチェア リマスタードの販売価格相場は19万円前後です(グラファイトベースの場合)

従来型のアーロンチェアの、ポリッシュドアルミベースのモデルと同等価格ということになります。

従来型のアーロンチェアも在庫を一掃するためか、若干値下げされて、特典などもお店によって色々とあるみたいですね。

今までのアーロンチェアも多少の変更はありましたが、22年の歴史を誇る立派なチェアです。

特に無理をして新型を買う必要はないのではないかと思います。

過去のランバーサポートの場合は、割れやすいといった欠点がありましたが、ポスチャーフィットの登場によりそれは改善されました。

現行の機能に不満がないのであれば、無理して新しい方を買ったり、買い替えたりする必要はないです。

価格も、3〜4万円ほど変わってくるので、今こそ従来型が狙い目かもしれませんね!

可能であれば、両方が試座できる店舗へ足を運んで、いいと思った方を買うのが一番です。

それでは、よいシンプルライフをお送りください^^

カラーバリエーションも、「グラファイト」「カーボン」「ミネラル」と、3色あります!

再レビュー記事はこちら!

そのほか、アーロンチェアに関する記事はこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Sponsored link

もう1記事いかがですか?

スポンサードリンク



コメントを残す


CAPTCHA