シンプルライフを始めて3年。ミニマリストとして、ブロガーとして伝えたいこと

何もなくなった部屋

2015年の春、負担だったものを全て手放して、シンプルに生きようと決めてから3年になる。

ちょうど同時期に、佐々木典士さんの著書「ぼくたちに、もうモノは必要ない」が発売されてミニマリストブームに。

自分が思い描いていた“シンプルライフ”のはるか上を行くストイックなライフスタイルに心を打たれ、大きな影響を受けた。

今回は、ミニマリストとして生きた3年間と、ミニマリストブロガーとして伝えたいこと、今後のことについて書きたいと思う。

Sponsored Link

ミニマリストとしての3年間

ミニマリストになったきっかけ

ミニマリストになるまでのきっかけについては、過去の記事も読んでいただけるとありがたい。

簡単に言うと、どうしようもなく辛かった仕事を退職したものの仕事のあてもなく、「FXのデイトレーダーになる」と意気込んだものの全くうまくいかず、車のローンなどにも追われる超絶“負のサイクル”から逃れるために苦肉の策で選んだのが断捨離。

元々の暮らしは、シンプルライフとは真逆のモノが溢れた生活。

真剣に打ち込めていない趣味の道具や、中途半端に自分を飾るためのモノに囲まれた重たい生活だった。

特に最後までなかなか手放せなかったのは、自分自身が「辛い辛い仕事を耐え忍んで手に入れた、自分を象徴するモノ」として考えていた3つのモノ。

  • 車:スバル レガシィツーリングワゴン
  • 時計:ROLEX EXPLORER1
  • 楽器:FENDER JAZZBASS 1974年製

絶対に身の丈に合わないものばかりだったのに、それを認めたくなくて、最後まで維持しようとした。

結局は経済状況がひっ迫してきたため、全て売却する決心がつく。

車以外はリセールバリューが良かったので、何とかローンの相殺はできた。

この決心がついたことで新しい仕事も無事決まり、全てが上手く流れはじめる。

2015年ごろの部屋

3年間で自分に起こった変化

新しく決まった仕事は、非正規ながらも某IT企業(東証一部上場)のカスタマーサポートの仕事で、とてもやりがいがあった。

その間、以前から付き合いはあったが疎遠になっていた現在の妻と再開し結婚する事に。

残念ながら結婚と転居の事情で転職することになったが、すごく感謝しているし、そこで働けたことが自分の人生において大きな転換点となった。

シンプルな暮らしをしていなければそのような仕事に就くことも難しかったし、その後の転職や転居に対するモチベーションを維持することも難しかっただろう。

結果的には小規模ではあるがSIerに転職し、大手IT企業の常駐エンジニアとして働くことができている。

転職に失敗しなかったのも、取捨選択が上手にできるようになったからだと思っている。

資格試験と仕事

IT業界間の転職でそれほど資格は重要ではないが、自分の知識や実力を証明するためには有効な手段となる。

約10年前には基本情報技術者すら受からなかったのに、この3年間で

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • CCENT

を取得することができた。(基本情報技術者「すら」と書いているが、実際は結構難しい)

現在は、ネットワーク系資格であるCCNAを勉強しているところ。大学受験を経験しなかった私にとって、仕事をしながら試験の勉強をすることは本当に大変だった。

しかし、諦めずに習慣として続けることで結果も出せたし、仕事も上手くいっている。

諦めずに”やるべきことをやる”というのは本当に大事なことなんだと思う。

IT業界への転職やIT系資格に興味のある方は、資格試験カテゴリで詳細を紹介しているため、ぜひ読んでいただきたい。

● カテゴリ「資格試験」

最小限に絞った趣味

元々多趣味なので、当ブログでも色々なカテゴリがある。

たとえば、ロードバイク、バンド活動、カメラ、アニメ、ゲームなど。道具が必要な趣味は非常にお金がかかり、ミニマリストとして生きていくには大変。

先ほど挙げたとおり、仕事をしながら資格の勉強とブログの執筆がメインになったため、現在の趣味はブログと資格勉強、ブログに掲載するための写真撮影だけに絞っている。

ちなみに現在は楽器を弾ける環境にないが、急なセッションやリハに対応できるように、実家に必要最小限のベースを一本だけ保管している。

複数の趣味を持っていても、それぞれに打ち込むためのキャパはそれほど大きくないので、今大切にしたいことを大切にするべきだと思う。

ミニマリストとしてのこれから

不要な物を断ち切って身軽に生きることは本当に気持ちがいい。

全てを手放した3年前から、その気持ちは変わっていない。3年経って多少増えたモノもあるが、基本的に所持するモノは必要最小限にしている。

結婚して新居に引っ越し、二人暮らしになったため、今は自分が部屋に必要とする物量を自分だけでは決められない。

残念ながら、新居のインテリアはなかなか紹介できない状況にある。結婚生活はお互いの価値観のすり合わせでもあるので、また開放感のある部屋を紹介できる日が来るかもしれない。

住まいはずっと身軽な賃貸で行くか、安心のためにマンションを購入するかというのも、今後の人生の大きなテーマになってくる。

以前は「住居の購入はありえない」と考えていたが、減税の制度や、後からの売却や貸し出しを考えると「マンションを購入するのはありなのでは?」という考えに変わり、情報を集めているところだ。

simple-lifelog.comさん(@simplelifelog)がシェアした投稿

ミニマリストとシンプルライフ

以前から書いているとおり、私はこの2つのライフスタイルをはっきりと線引きしたくはない。

シンプルな暮らし=シンプルライフ、シンプルライフを実践する人=ミニマリストぐらいの感覚でいいと思っている。

最近はきちんと記事にできていないが、ファッションもより単純化を求めてファストファッションで限られた色の服のみにしている。

具体的には、白、黒、青系がほとんど。

服というのは、有名なドメスティックブランドやインポートブランドのものであっても、寿命は同じくらい。

それならば、「安い服をもっと短いサイクルで着倒した方がキレイに見えていいのでは」との考えに行き着き、少し取り入れていたブランドの服はメルカリで断捨離した。

ファッションについては最近取り上げられていなかったので、新しいシーズンに向けて記事を用意しようと思う。

ミニマリストブロガーとして

ミニマリストのデスク周り
正直なところ、最近ブログを書くことに行き詰まっていた。

「ネタがない」とかそういうことではなく、「自分が求めるクオリティの記事を上手く作れない」、「自分の構想を記事にするのに時間がかかってしまい、他のタスクと並行できない」というところにある。

今までは休日は部屋にこもっていることが多かったけど、三連休の最初の2日は外に出てモヤモヤしていたことを解放し、ブログのネタをインプット。

今日はとにかく書くことに集中してアウトプットすることにした。

あとは、新テーマの実装についてもなかなか手がつけられずモヤモヤしていた。

テーマを変更したい理由としては、現在は自己流のSEOやCSSが入っているため、今後のメンテナンスをフリーにする意味でも最初からそれらの施策が入った有料テーマに変更したいといった理由がある。

アクセスが上がらないことをテーマのせいにしないよう、出来上がっているモノを使って、コンテンツの中身に注力しようとの想いもある。

新テーマは、OPEN CAGEのものを5月GW中に実装予定。乞うご期待!



これからも、シンプルに

これまでの内容から、私はMinimal(最小)よりも、Simple(簡単、簡素)を求めているように思う。

ミニマリズム、シンプルライフには人それぞれの形があるから、色々な人の考えを聞いて、自分の生活に落とし込んで行くことが大切。

気になるミニマリスト本も、続々出版されている。

現在のタスクが落ち着いたら、まとめてインプットの時間を作ろう。

よろしければ、これからも応援していただきたい。

Sponsored Link



何もなくなった部屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。