【東京-松山】青春18きっぷで東京から四国へ帰省したお話【2020年最新】

youth18-shikoku

JRから発行される「青春18きっぷ」をご存じでしょうか?

青春18きっぷとは、年齢に関係なく日本中のJRの普通・快速列車の普通車自由席を自由に乗り降りできる夢のような切符です。

今回は、年末年始の休暇を利用して地元の四国(愛媛県松山市)へ帰省した時のお話を紹介します。

はじめに

この記事の概要
  • 青春18きっぷを使って東京から四国まで移動したよ
  • 青春18きっぷ旅の注意点は?
  • 実際に移動したルートとかかった費用
  • 青春18きっぷで長距離移動をした正直な感想
この記事はこんな方に
  • 青春18きっぷで四国へ行きたい
  • とにかく費用をかけずに四国〜東京間を移動したい
  • 青春18きっぷの長距離移動って安い以外にメリットあるの?

青春18きっぷについて

冒頭でも紹介したとおり、「青春18きっぷ」とは、日本全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席に自由に乗り降りできる切符のことです。

JR東海のサイトによると、BRT(バス高速輸送システム)、ならびにJR西日本宮島フェリーも対象となるようです。

● 青春18きっぷ | お得なきっぷ詳細

“青春18”と名前はついていますが、購入・使用にあたって年齢の制限はありません。

注意点としては、いつでも利用できるわけではなく、販売期間と利用期間がそれぞれ決まっています。

いわゆる「春・夏・冬休み期間」が、当切符を使用できる期間となっています。

youth18-shikoku-1

画像はJR東海サイトより

サイトにも記載の通り、販売価格は5日(回)分で12,050円となります。(2020年1月現在)

18きっぷは全国のJR窓口等で購入することができますが、もっと安く手に入れたい場合は、金券ショップで探してみると少し安く手に入るかもしれません。

私も残り4回の物を、10,500円で金券ショップで手に入れました。

Shin
1日(回)あたりの電車賃は日本全国どこまで行っても2,625円の計算になります

金券ショップでの相場や入荷状況は、18きっぷの残り期限や残回数によって変化します。まめにのぞいてみるといいと思います。

青春18きっぷの注意点

いいことずくめに見える18きっぷですが、注意点もたくさんありますので紹介しておきます。

新幹線・特急列車・寝台列車・グリーン車指定席には乗れない

JRの電車に乗れると書いていますが、これらは全て18きっぷの対象外となります。

有料特急や寝台特急を利用する場合、特急券や指定席券だけを買えば乗れるのかと思いきや、乗車券も購入する必要があるため、これらは「利用できない」ということになります。

なお、湘南新宿ラインや東海道線、宇都宮線などにある自由車グリーン席は、グリーン券のみを購入することで乗車可能です。

Shin
やや特殊な例ですが、「ムーンライトながら」などの夜行快速列車も指定席券のみを購入することで乗車可能です。

日付をまたいだ時点で1回分消費される

18きっぷは「その日最初の入場駅でスタンプを押してもらって」スタートとなります。

乗車している段階でその日の0:00を過ぎて日付をまたいだ場合、出口でスタンプを押され1回分を消費することになってしまいます。

Shin
これについては、日付をまたいだ以降の乗車券を18きっぷとは別に購入することで回数を消費しないようにする技が色々とあるらしいです。

紛失したらアウト

18きっぷはICカードやスマホに電子的に登録されるものではなく、紙の切符なので紛失したらアウトです。

それも5枚つづりとかでなく1枚の切符なので、紛失しないように細心の注意を払いましょう。

管理人Shinの青春18きっぷ旅

往路1日目 2019/12/30 6:13-17:29 横浜〜岡山

youth18-shikoku-2

往路1日目の行程

第一の目的地は、本州側で最後の都市部となるJR岡山駅周辺まで。

自宅の最寄り駅から横浜駅までの間は私鉄となるため、18切符の利用はJR横浜駅がスタートとなります。

2019年12月30日 6:13 東海道線にて横浜駅を出発(グリーン車利用)終点の沼津へ向かう。

この間は、テーブルありのグリーン席ということで、新幹線と比べても遜色ないくらい快適。

youth18-shikoku-4

横浜〜沼津までは800円のグリーン券を購入。これで新幹線くらいには快適

Shin
東海道線や湘南新宿ラインのグリーン車は普通車より遮音性に優れています。東京から熱海や鎌倉へ行くときはグリーン車へグレードアップすると、より旅行気分も高まります!

沼津に到着後、静岡行きの電車に乗り換える。静岡までの道のりは2時間弱あり静岡の広さを知る。

静岡〜豊橋行きの電車に再度乗り換え。人が多く、運悪く1時間半の間立ちっぱなしに。その間、初めて浜名湖をじっくり見る。


トイレに行きたい+何も食べていなかったので、途中の浜松駅での停車中にトイレとコンビニへダッシュ!

豊橋で大垣行きの東海道線へ乗り換え。途中名古屋を通過したので「意外と目的地は近いのでは?」と思ったけどまだまだ。

youth18-shikoku-5

名古屋駅周辺

大垣で米原行きの東海道線へ乗り換え。ここも30分ほど立ちっぱなし。

米原〜姫路まで山陽本線新快速で。クロスシートなので楽々。


Shin
関西に入ってからは、地名に馴染みがあることもあり、あまり長く感じませんでした。あと少し!

途中でポートタワーや明石海峡大橋を見ながら、姫路にて相生行きの山陽本線へ乗り換え。ここはあっという間。

最後の乗り換えは、相生にて岡山行きへの乗り換えです。こちらも座れたので、あとは待つだけ。

17:29 目的の岡山駅へ到着です!この日は駅近の三井ガーデンホテル岡山に一泊し、体力を回復させます。

往路2日目 2019/12/31 7:10-12:16 岡山〜松山

youth18-shikoku-7

往路2日目の行程

往路2日目は、瀬戸大橋を渡って地元の松山市に帰るのみです。

7:10にJR岡山駅を快速マリンライナーに乗って出発します。

この快速マリンライナーはグリーン席があってとても景色がいいらしいんですが、残念ながら指定席グリーン車となるため、青春18きっぷでは乗車できません。(グリーン券だけでなく乗車券も購入の必要がある)

岡山駅を出発して瀬戸大橋を渡り、香川県の坂出市へ到着するまでは約50分とあっという間。ここから、四国の鈍行列車の長い旅が始まります。

Shin
四国は車社会なので、鈍行列車は1〜3両編成の物がほとんどで、駅で数十分停車したりなど都会の電車とは色々勝手が違います。

乗り遅れてしまうと、次の電車が来るまで30分〜1時間はかかるのが標準なので、乗り逃すわけには行きません。

乗り換え2回、約4時間の長いラストスパートです。

Shin
車で高速を走ると、約2時間〜2時間半くらいの道のりです。

なお、高松〜松山を結ぶ特急列車はあるのですが、こちらも青春18きっぷでは乗車不可。特急券だけ買えばいいというものでは無いようです。

12:16 やっと地元の松山駅へ到着しました。駅までは母親が車で迎えに来てくれたので、あとは楽々です。


県庁所在地でありながら、のどかな雰囲気が何とも落ち着きますね。

復路1日目 2020年1月4日 14:26-22:16 松山〜三ノ宮

youth18-shikoku-8

復路1日目の行程

この日は用があったので午後からの出発。出来る限り移動してリーズナブルに泊まりたいということで、宿泊地は神戸にしました。

瀬戸大橋を渡る直前の坂出駅までは、往き以上に時間がかかるように感じます。

何せ、愛媛県を抜けるまでが3時間超と相当長かったです。

坂出から岡山行きのマリンライナーへ乗り換え。夜の瀬戸大橋は周りの海が暗すぎて何も見えず…

Shin
東京のレインボーブリッジだと、湾岸エリアのタワーマンションやお台場の明かりで外がよく見えるけど、四国だとそのようなことは無いです。
岡山では、今回の帰省の候補にしていたものの満席で予約できなかった寝台特急サンライズ瀬戸を初めて見ることができました。

岡山からは姫路まで行って一回の乗り換えのみ。三ノ宮駅までの道のりでは往きと同じく、ポートタワーや明石海峡大橋が見えて綺麗でした。

22:16 目的地の三ノ宮に到着。相鉄フレッサイン三宮に宿泊します。

神戸の街を散策する余力もなく、近くの立ち飲み屋で軽く飲んで、次の日に備えて早めに寝ます。

復路1日目の移動は、四国から脱出するためだけにほとんど費やしたと言えます。

復路2日目 2020/1/5 7:05-16:48 三ノ宮〜横浜

youth18-shikoku-9

往路2日目の行程

実際には、途中の島田での乗り換えが西焼津だったり、最後の快速アクティーに乗れなくて次の電車となりましたが、概ねこのルートです。

往路2日目はホテルで朝食をとっての出発。

青春18きっぷの旅はこれで4日目。もう大体の注意事項は掴めているというものです。

途中の水分食料補給や、乗り換え時にホームに並ぶタイミングもシビアに。

経験を積んだおかげか、復路は一度も座席に座れないことがなく助かりました。(静岡を走っている時は立ちの人が結構いるくらい混んでいました)

最後の熱海で、この日きちんと昼食をとっていないことに気づき、駅弁を購入。

youth18-shikoku-10

金目鯛の西京焼き弁当

帰りも800円のグリーン券を購入してグリーン車へ。熱海〜横浜間はあっという間です。

せっかくなのでMacを広げて、18きっぷ旅の感想記事を書き始めました。(ちょうど当記事です)

16:48 無事に横浜駅に到着。見慣れた景色。

あとは私鉄で最寄駅に帰るだけです。

Shin
疲れたけど、確実に一生心に残る経験になったし、荷造りや計画や段取り、いろんな事のレベルが一段上に上がった気がします。

今回の旅にかかった移動宿泊費

今回の移動宿泊費(概算)
  • 青春18きっぷ4回分 10,500円
  • 東海道線グリーン券(往復) 1,600円
  • 往路宿泊(岡山) 7,600円
  • 復路宿泊(神戸) 6,500円
  • 自宅〜横浜駅までの運賃(往復) 500円

合計26,700円となりました。

この道のりは新幹線+特急列車だと4万円少々往復でかかります。

そのため、途中の飲食代を加味しても十分に安いことになります。

宿泊をせず1日で移動する行程とすることも、もちろん可能です。しかしながら、時間はあるので、ゆっくりしたことがない土地でその土地ならではの物を楽しむ時間を作れるのも18きっぷ旅のメリットです。

青春18きっぷ旅をする時の注意点

忘れないうちに、往路の1日目にTwitterに書き込みました。

「のんびり旅」のイメージがある18きっぷ旅も、早く目的地に着きたいと思えば思うほど、注意すべき点が増えます。

特に水分・食料補給、トイレについてはシビアに考えましょう。

食料は最初の電車に乗る前に買い込んでおき、水分を適度に取る(取りすぎない)トイレは乗り換えの合間や停車駅でタイミングを見て。

乗り換え駅のトイレは非常に混み合います。また、次の乗り換えホームに並ぶタイミングが遅いと座れなくなるので注意が必要!場合によっては乗る電車を遅らせる判断も大切です。

余談ですが、18きっぷ旅は大量に読書を進めるチャンスです。

片道10時間くらいの道のりだと文庫本2,3冊はいけるので、荷物が重くなりすぎない程度に持っておくと良いと思います。

Shin
タブレットやスマホだけで時間を潰そうとするのは目が疲れるし至難。PC作業もキツイ座席ばかりです。まったり読書が一番おすすめですね。

青春18きっぷ旅をやってよかった事

↑に書いた通りです。

実はこの旅をする前に周りの人数人に、「時間がもったいない、高くても新幹線を使ったほうがいいのに」ということを言われたのですが、気にせず決行しました。

新幹線は、まぁいつでも使えます。

しかし、18きっぷは限られた期間しか使うことができず、移動にこれほど時間をかけられる余裕というのも、今後の人生にはそれほどないかもしれません。

移動中は読書をしたり、SNSへのアウトプットをする事で、退屈と感じる事はなく気がついたら目的地へ着いていた感じです。

もちろん、飛行機や新幹線と比べると体力は必要です。しかしながら、確実に自分の人生のレベルを1つあげるのに十分な経験値となりました。

この辺りは言葉や文章では表しづらいのですが、達成感や高揚感、色々な感情が入り混ざる4日間でした。

次回は、行ったことがない日本海側や東北地方を旅するのも面白いかなと思ってます。

ちゃくまさん、引用RTありがとうございました。共感いただけて嬉しいです。

まとめ:迷うくらいなら挑戦を

いかがでしょうか?今回は、管理人Shinの青春18きっぷの旅について紹介しました。

道中のツイートの引用ばかりで荒削りな部分も多いですが、純粋に旅のリアル感を感じていただけると嬉しいです。

青春18きっぷはその名称とは違い、年齢制限なく誰でも使える切符です。

お金をかけずに、どこまでも遠くの土地に行ってみたい、旅をしたい方にとってこれ以上の切符はなかなかないと思います。

移動中の時間も含めて楽しめるような人じゃないと、この切符を使った旅には向かないですが、気になる方は金券ショップで少しは安く手に入れられるので是非是非挑戦してみてください。

Shin
迷っている方は、是非とも早めの挑戦を!

それでは、よいシンプルライフをお送りください^^

Sponsored Link



youth18-shikoku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA