家飲み率さらに上昇!2019年版 新型神泡サーバーを使って自宅で美味しい生ビールを

以前当ブログで、プレミアムモルツに付属の電動神泡サーバーで外飲み率が激減した記事を書きました。

今回は、2019年版としてさらに進化した新型神泡サーバーの使用感を紹介したいと思います。

2019年版 プレミアムモルツ電動神泡サーバー

kamiawa-server2019-2

新型神泡サーバー2019

2019年版の新型神泡サーバーはこのような形状になります。

Shin
あれ?ビールの注ぎ口がない…

ちなみに、以前の電動神泡サーバーについてはこちらの記事で紹介しています。

kamiawa-server-1

外飲み激減!プレモルに付いてくる電動神泡サーバーが凄い【手動との比較あり】

2018年8月5日

以前は缶の上部に取り付けてビールを注ぎ、泡を出すときにボタンを押して泡を発生させるスタイルでした。

2019年版の新型は、缶に輪のように取り付けて、ビールを注ぐスタイルとなります。

そのため、使い終わった後の洗浄が不要です。

Shin
以前の神泡サーバーは使った後に洗浄するのが面倒だと思ってただけに、これは画期的!

次の項目で、2019年版新型電動神泡サーバーの使用感を紹介したいと思います。

2019年版新型神泡サーバーで家ビールを作る

❶缶を開ける前に神泡サーバーを装着

kamiawa-server2019-4
以前の神泡サーバーは、缶を開けてから装着する必要がありました。新型は缶を開ける前に装着することができます。

缶を開けてからでも装着は可能ですが、説明書にも開ける前に神泡サーバーを装着するように書かれています。

缶が変形していたりすると、泡がきちんと作れないので注意しましょう。

❷”ボタンを押さず”ビールをグラスに注ぐ

kamiawa-server2019-3

撮影のため片手でビールを注いでいますが、もう片方の手でグラスを持つことをおすすめします。

旧式の神泡サーバーと同様、最初はボタンを押さずに普通にビールを注ぎます。

新型になって缶の口付近が出っ張る分、グラスに注ぐのは少しだけ注ぎづらくなりました。

片手でグラスを持って傾けながら注ぐことをおすすめします。

kamiawa-server2019-5

泡立ってしまったら、泡が落ち着くまで少し待つ

❸7割くらいビールを注いだらボタンを押して泡を作る

kamiawa-server2019-6

親指で缶を凹ませないよう注意!

7割くらいビールを注いだら、ハンドル上部にあるボタンを押して、神泡を発生させます。

神泡発生ユニット付近を手で持って缶が凹んでしまうと、泡が発生しないので注意しましょう。

kamiawa-server2019-8

ボタンを押すと、LEDが点灯するようになった

新型は、神泡を乗せるのにちょっとしたコツがあります。

綺麗な泡を作るコツ
  • グラスに注がない程度に缶を傾け、口付近にビールを滞留させた状態でボタンを押す
  • 両手で缶を持ってゆっくりと泡を乗せる

この2点を意識するだけで、ビールの仕上がりはだいぶ変わってきます。

Shin
勢いでドバッと泡を作って乗せるのはおすすめしません。

❹乾杯!

kamiawa-server2019-7

7:3の割合で綺麗に泡が乗せられたら完璧です。乾杯しましょう!

kamiawa-server2019-9

泡の細かさと滑らかさはお店のビールと同じ!

新型電動神泡サーバー使用の注意点

単4電池×2が必要

kamiawa-server2019-10

AmazonBasicsの充電池を使用

以前と同様、新型にも電池は付属していないので、単4電池×2を事前に用意しておきましょう。

ロング缶(500ml)にも対応

kamiawa-server2019-11

ハンドルをスライドさせることでロング缶にも対応可能

新型神泡サーバーは、上の写真のようにハンドル部分を伸ばすことで、500mlのロング缶にも対応します。

新型の電動神泡サーバーを使う場合、内側の銀色の泡発生ユニットが缶の口付近に来る必要があります。

kamiawa-server2019-12

“神泡”のキモとなる泡発生部分

使用する缶のサイズによって、きちんと口付近に神泡発生ユニットが来るように調整しましょう。

濡れたらすぐに拭き取る

新型神泡サーバーは、旧型と違って注ぎ口がなく分解できないため、ビールが垂れてしまったらすぐに拭き取りましょう。

電動なので、水分は厳禁です。

まとめ:さらに外飲み率激減の新型神泡サーバー

kamiawa-server2019-1

洗浄不要になってさらに使いやすくなった神泡サーバーが自宅にあることで、外飲みの機会が減って節約になりそうです。

最近も、こだわりのクラフトビールの店数件でクラフトビールを飲みましたが、電動神泡サーバーで作る泡も全然負けていないと思いました。

旧型と新型では作られる泡のクオリティは同じなので、使い勝手が好みの方を選ぶのがいいと思います。

電動神泡サーバーは、プレミアムモルツの12缶、または24缶セットに付属します。

店頭で神泡サーバー付きのセットが見つからない場合は、メルカリなどで探すと未使用品の神泡サーバーの出品は結構あります。

外飲みを減らして節約に繋がると考えれば、そう高くはない買い物かと思います!

今回使用したグラスについて

今回神泡サーバーの紹介に使用したグラスは、松徳硝子のうすはり オールドMです。

口当たりがとても軽く、家で飲むビールやハイボールの味を何段階も上げてくれます。

Mサイズ(300ml)で、350mlの缶ビール2杯分くらいの容量になります。

Shin
神泡サーバーとこだわりのグラスで作ったビールは、ときにお店の生ビールを上回る!

それでは、よいシンプルライフをお送りください^^

そのほか、家飲み関連の記事はこちら!

家で安く美味しく飲める酒を考える

【コスパ重視!】種類別に安く美味しく家で飲める酒を紹介!

2017年11月6日
alcohol-cost

【酒代節約】安く毎日の晩酌を楽しめるお酒を考えよう!

2017年6月15日

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA